記念日

世界蚊の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

世界蚊の日・世界モスキート・デー

8月20日は、「世界蚊の日・世界モスキート・デー」です。

「世界蚊の日・世界モスキート・デー」の由来と、それに関連する「マラリア」についてお伝えします。普段の生活で蚊に刺された時の処置方法では、蚊にさされやすい人のお話もお届けします。

年配の人には聞こえないモスキート音も、お楽しみください。

世界蚊の日・世界モスキート・デーの由来

世界蚊の日の由来

8月20日が「世界蚊の日・世界モスキート・デー」となったのは、マラリアの感染の原因が発見された日だからです。

1897年の8月20日、イギリスの医学者ロナルド・ロスによって、マラリアはハマダラカ(蚊)に刺されることによって感染することが発見されました。ロナルド・ロス氏は、1902年にノーベル賞を受賞しています。

世界モスキート・デー (蚊の日)のサイトより

マラリアについて

マラリアの潜伏期や症状、治療法・予防法

マラリアの治療法・予防法

いくつかの文章を読んだ印象としては、完璧な治療法はない感じですね。症状、治療法・予防法については、英文や論文の解釈はむずかしいので、「Wikipedia」のチカラを借ります。

マラリアとは?
熱帯から亜熱帯に広く分布する原虫感染症

症状は?
高熱や頭痛、吐き気などの症状を呈する。

悪性の場合は?
⇒悪性の場合は脳マラリアによる意識障害や腎不全などを起こし死亡する。

予防は?
⇒ワクチンが実用化される以前は、マラリアの流行地に行く場合はまず感染を防ぐ為には、蚊に刺されないようにすることが最重要事項だった。殺虫剤や虫除けスプレーなどを使うほか、夜間は蚊帳を用いることも必要である。メフロキン等の抗マラリア薬の予防投与も行われる。

治療は?
⇒マラリア原虫へのワクチンは上述のとおり開発中だが、抗マラリア剤はいくつかある。マラリアの治療薬としてはキニーネが知られている。他にはクロロキン、メフロキン、ファンシダール、プリマキン等がある。

いずれも強い副作用が現れることがあり注意が必要。クロロキンは他の薬剤よりは副作用が少ないため、予防薬や治療の際最初に試す薬として使われることが多いが、クロロキンに耐性を示す原虫も存在する。

通常は熱帯熱マラリア以外ではクロロキンとプリマキンを投与し、熱帯熱マラリアでは感染したと思われる地域での耐性マラリア多寡に基づいて治療を決定する。

近年では、漢方薬を由来としたチンハオス系薬剤(アルテミシニン)が副作用、薬剤耐性が少ないとされ、マラリア治療の第一選択薬として広く使用されるようになった。これによりこれまで制圧が困難であった地域でも大きな成果をあげている一方、アジア、アフリカの一部ではすでに薬剤耐性が報告されるようになってきた。

2010年以後、アルテミシニンはグローバルファンドの援助によって東南アジアのマラリア治療薬としてインドネシアの国境付近のような僻地であっても処方されるようになっている。しかし、近年は殺虫剤に耐性を持つハマダラカや、薬剤に耐性のあるマラリア原虫が現れていることが問題になっている。

また地球温暖化による亜熱帯域の拡大とともにマラリアの分布域が広がることも指摘されている。流行地で生まれ育ち、度々マラリアに罹患し免疫を獲得したヒトでは、発熱などの症状がほとんど診られないこともあるが、免疫が無ければ発症する。

三重大学の研究グループは、マラリア治療薬の耐性遺伝子特定法を開発した。
潜伏期間とマラリアの種類については、「厚生労働省検疫所」のページから引用します。

1週間から4週間ほどの潜伏期間をおいて、発熱、寒気、頭痛、嘔吐、関節痛、筋肉痛などの症状が出ます。

マラリアには5種類(熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵形マラリア、サルマラリアPlasmodium knowlesi)があります。その中でも、熱帯熱マラリアは発症から24時間以内に治療しないと重症化し、しばしば死に至ります。脳症、腎症、肺水腫、出血傾向、重症貧血など、さまざまな合併症がみられます。

普段の生活で蚊に刺された時の処置方法

蚊に刺された時の処置方法

「即時型反応」と「遅延型反応」「即時型反応」と「遅延型反応」の違いは、かゆみの症状の特徴といて知っておいたほうが良いでしょう。蚊に刺されて、すぐに「かゆみ」が出るのは大人に多いそうです。

こちらは、「即時型反応」です。かゆみが治まるのも早く1~2時間でかゆみが消える特徴があります。「遅延型反応」は、蚊に刺された翌日以降にかゆみが出ます。こちらは、乳幼児に多く見られるようです。

大人になっていく成長過程では、「刺された直後にかゆくなって、一度治まって、翌日からまたかゆくなる」ということもあるそうです。

正しい処置方法

薬を使う場合は、「かゆみを鎮めるなら抗ヒスタミン剤」「炎症を抑えるならステロイド剤」になります。刺されたところを清潔にしてから、薬を塗ったほうが良いです。流水で洗い流してキレイなタオルで拭くか、ウェットティッシュで拭くなどの処置をしましょう。

かゆみを抑えたいときの処置方法

かくのは良くないので、蒸しタオルで温める方法をお試しください。かゆみは蚊の唾液によって生じるので、蒸しタオルで蚊の唾液を分解させます。皮膚の感覚的にかゆみを抑える方法では、流水や保冷剤で冷やすのも有効です。

とりあえずということでは、指で圧迫するように押さえてみてください。叩くのも悪くはないです。一時手には、かゆみを抑えることができます。

間違った処置方法?民間療法?都市伝説?

爪でバッテンをつけるのは、皮膚を傷つけるということでおすすめできません。アンモニアを塗るという対応は、効果が実証されていないと言われています。

民間療法や家庭療法のようなものでは、「セイヨウオオバコの葉」「ラベンダーオイル」「アロエの汁」「オートミール」「はちみつ」「柑橘系の果汁」を使って「かゆみ」を抑える方法があります。

これらは、わざわざ使う方法でもないと思われます。処置としては、刺されたところを清潔にしてから、薬を塗るほうが適しています。

脳を錯覚させる方法?

蚊に刺されたところをボールペンで丁寧に縁取る!?(インクで円を描くわけではありません)

これは、かゆみがまぎらせる方法です。患部に対して具体的な効果が期待できるわけではありません。蚊に刺されたところをなでることで、かゆみが忘れられたような気持ちになるのと同じような効果です。

鏡に映った反対の腕をかく

これは、「ミラースクラッチング」と呼ばれる錯覚を利用した方法です。話題性があるので、ときどき情報番組で取り上げられます。かゆみがある腕と反対の腕を鏡に映して、かゆみがある位置と同じ場所をかきます。

掻いたことで痒みの軽減につながりました。鏡に映っている腕を「実際にかゆみがある腕」だと、「脳の錯覚」するのだそです。面白い話しですけど、蒸しタオルを当てて「かゆみ」を軽減させるほうが簡単ですよね。

蚊に刺されやすい人・刺されにくい人

蚊に刺されやすい人・刺されにくい人

蚊には、「炭酸ガス」(二酸化炭素)の感知能力、汗のニオイのもとになる乳酸や脂肪酸もかぎ分ける能力、温度を感知するセンサーがあります。吐く息が多い、体温が高い、汗っかきということで、肥満体型の人が蚊に刺されやすいようです。

二酸化炭素への反応では、酒飲みの人も刺されやすいとのことです。アルコールが体内で分解されるときに、大量の炭酸ガスが発生するからですね。実験データでは、色への反応、人間の血液型への反応に違いが見られます。

色は、白よりも黒のほうに近寄るそうです。血液型は、刺されやすいほうから、(1)O型(2)B型(3)AB型(4)A型の順番です。

"蚊"に刺されやすいの、誰だ!?

蚊に“好まれる”人の特徴とは

モスキート音とその使用例

モスキート音

モスキート音は、17kHz(17000Hz)前後の高周波を指します。特徴としては、20代前半までの若者にはよく聞こえるのに、それ以上の年代の人には聞こえにくい、あるいは聞こえない音ということで知られています。

2005年にイギリスのハワード・ステープルトンによって、モスキート音を出す音響機器が開発されています。深夜に営業している店の前に群がるの若者たちに、不快音(モスキート音)を聞かせて退散させるために使われます。

この音響機器の発明でハワード・ステープルトンは、2006年にイグノーベル賞を受賞しています。

youtubeでは、次のようなものがあります。さて、聞こえるでしょうか?

モスキート音『耳年齢テスト2』20代以下(~20000Hz)まで測定可能

[オルガンライフ]モスキート音を体験 若者は聞こえます

まとめ

蚊にさされやすい人の話は以外でした。O型の人が刺されやすいなんて、うわさ話かなと思っていました。モスキート音は、私には聞こえません。どんな音なんだろう。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.