記念日

世界占いの日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

投稿日:

タロット占いの写真

9月9日は「世界占いの日」です

今や占いは日々の生活の中でも、切り離せない存在となっていますね。毎朝TVでは占いをやっています。そんな占いを見てから出掛ける、なんていう人もいらっしゃるかもしれませんね。

「世界占いの日」にちなんで、占いの雑学などを見ていきましょう。

「世界占いの日」の由来や意味

地球最後の日のイメージ画像

地球最後の日

9月9日は「世界占いの日」となっています。

その由来は、世紀末に日本を賑わせたノストラダムスの終末予言の日が、1999年の9月9日だったことによるものです。

制定したのは日本占術協会というところで、この会は1973年に発足されています。様々な占術のプロたちが多く登録されていて、資質の向上や普及を行っている団体。

世界占いの日」には、日本各地で占いのイベントが行われています。商業施設やインターネットを使っての無料占い、珍しい占いなどを安価で体験する事が出来る場となっています。

興味ある方は、この機会に占って頂くのもいいですね。

占いの歴史

占星術のイメージ画像

占星術

占いは紀元前2000年頃のメソポタミアに起源があり、シュメール人たちが行っていた「プロト占星術」だと言われています。

この頃の占いは、現在のようなしっかりとした形にはなっておらず、様々な自然現象を観察していたに過ぎません。

例えば、洪水の前にはどんな予兆があったのか、彗星などを見た後に何が起きたのかなどを観察していった結果、この後にはこんなことが起きるというような感じだったようです。

そういうことを蓄積していった結果、占いの基礎が生まれていきました。

12星座の元になるものが出来たのは、バビロニアでのこと。この時代にはホロスコープに似たものも既に作られていたようです。

キリスト教の普及で衰退した時期もありましたが、ルネサンス期にはヨーロッパで「占星術」という学問として広まりました。

その後も衰退と復興を繰り返しながら、しっかりと受け継がれていたようで、19世紀頃からは大衆の間に多く広まり、現在に至っているようです。

日本では卑弥呼の時代から、「亀甲占い」などをしていました。

平安時代には、安倍晴明などで有名な陰陽師がおり、彼らはれっきとした政府機関の人間でした。あらゆる吉凶を占い、何をするにもそれらで決めていたようです。

占いにはどんな種類がある?

オラクルカードのイメージ画像

オラクルカード

占いと言ってもその種類は多く、ネットで調べると無数の占いが存在していますね。

そんな占いですが、ざっくり3種類に分けることが出来ます。

命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)というものです。

命とは

生年月日や出生地など変わることのない、宿命や運命を元にして占うものです。

この中には占星術・四柱推命・数秘術・九星気学などがあります。

卜とは

こちらはインスピレーションを働かせながら、解釈していく占い。

亀甲占いタロットカードおみくじなどによる占いがこの中には含まれます。

相とは

目に見える形や情報から様々な事を読み解いていく占いで、命と卜を併せ持った占い。

手相人相風水夢占いなどがこの中に含まれます。

最近ではこの他に、霊(れい)というものも入ってきているようです。いわゆる霊感を駆使した占いで、オーラ占いチャネリングと言ったものを指します。

タロット占い占星術は、読み解く知識や力が必要になってきますので、中々難しいものですが、自宅で簡単に出来る占いがあります。

それがオラクルカードと呼ばれるものです。

オラクルとは「神託」という意味で、たくさんの種類のカードが発売されています。一枚一枚にしっかりとした意味があり、カードを引いてそのカードの意味を読むだけでいいので、誰でも簡単に占いに触れることが出来る、便利なアイテムとなっています。

まとめ

占いの種類は様々。ネット上にはたくさんのサイトがありますから、その中から自分に合ったものを探すのも楽しいですね。

けれど当たるも八卦、当たらぬも八卦。すべてを占いに頼るのではなく、参考程度にしておくのがいいようです。

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.