記念日

洗濯機の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

洗濯機の日

8月1日は現在の国土交通省が制定した水の日です。
その「水の日」にちなんでつけられたのが「洗濯機の日」と言われています。

頑固で落ちにくい!服の黄ばみの原因とは!?

服の黄ばみの原因

衣替えの時期になるとタンスなどにしまっていた洋服の黄ばみはどんな原因があるのでしょうか!?今回はその特徴的な原因と対策についてお話しします。

まず最初に気になるのが黄ばみの原因ですね。その正体はいったい何なのでしょうか!?

それは体の汗などに付いている皮脂だと言われています。この皮脂汚れは家庭の洗濯では落ちにくく、一筋縄ではいかない頑固さが特徴です。
普段運動などで汗を流していなくても、人は汗をかいています。

その汗に含まれる皮脂が蓄積されて黄ばみになります。通常の洗濯はもちろん、クリーニングに出して保管した場合も汗の蓄積期間や長時間の保管で黄ばみは発生してしまいます。

オススメの対策としては3つあります。

まず一つ目は、極力長時間放置をしない事です。
タンスなどで長時間放置し過ぎてしまうと黄ばみの原因になってしまうので、日当たりのいいところで定期的に干したり、クリーニングでもなるべく黄ばみ対策を施すプランで実施する事がオススメです。

二つ目は、市販の乾燥剤などで湿気を予防する事です。
湿気などで洋服やワイシャツが湿った状態だと黄ばみの原因になりがちです。なるべく乾燥した状態を保つ事を心掛けましょう。

最後に三つ目は、複数をまとめて保管しない事です。
まとめて保管してしまうと湿気はもちろん、他の衣類と混合して黄ばみを移してしまう場合もあります。この場合の対策としては、なるべくハンガーなどで干して風通しを良くする事。若しくは衣類用のジップロックなどで空気を抜き個別に保管するようにしましょう。

この場合も定期的に日当たり良く外で干したりすると予防につながります。また、複数の衣類がある場合には、不要なもの、着ることがないものは処分して整理整頓することもおすすめの対策です。

是非、参考にしてみて下さい。

主婦がおすすめの方法!?服の黄ばみの落とし方をご紹介

服の黄ばみの落とし方

ここからは気になる黄ばみの落とし方や注意点をいくつか説明したいと思います。

まず一つ目は液体洗剤を使って落とす方法をご紹介します。この方法はあまり頑固ではない薄めの黄ばみにオススメです。

その方法を簡単に説明します。

1. 50度くらいの少し熱めのお湯に浸します。
2. 食器用洗剤などの洗剤を黄ばみ部分に直接付け、擦り洗いをします。
3. 汚れが落ちたら丁寧にすすぎます。
4. すすぎ終わったら通常の洗濯をします。

この方法で簡単な黄ばみは解消できます。

なかなか落ちない汚れも諦めないで!頑固な汚れの落とし方をご紹介

頑固な汚れの落とし方

では、頑固な汚れはどうでしょうか!?その対策方法もご紹介します。

それは、漂白剤を使った方法がオススメです。洗い方の手順は液体洗剤と同じですが、衣類を細かく分類したり、使用方法を正しく行う必要があります。

漂白剤は大きく分けて2種類に分類されます。その種類は塩素系と酸素系の漂白剤です。ここからは種類ごとに注意点などをまとめていきます。

まずは塩素系の漂白剤からご紹介します。

この漂白剤は、液体で効果が非常に強いものになります。そのため、絹製品や柄物の衣類には不向きです。色落ちなどの原因にもなるので気をつけましょう。逆にワイシャツや白物の綿製品、ポリエステル製品などを洗濯するにはオススメです。

ただ先ほどもお伝えしたように、塩素系は漂白効果が強い性質があるため、生地に負担がかかり見た目に影響が出る可能性もあります。極力薄めて目立たない部分から黄ばみの落ち具合を見て使用するようにして下さい。

次に、酸素系の漂白剤です。

この漂白剤は、液体と粉末に分かれます。漂白効果は塩素系に比べて低いため、柄物に使用することもできます。絹製品や毛布などの羽毛製品を使う場合は粉末を使うようにしましょう。

その理由は、液体よりも粉末の方が効果が強く、生地が粗い絹製品などは液体では効果が期待できない可能性があります。逆に綿やポリエステル製品などは液体で洗い流すことは可能なので、ちょっとの汚れを落とす時には参考にしてみて下さい。

洗濯では取れない衣類の黄ばみを落とす方法と対策法とは

まとめ

いかがでしたでしょうか?

黄ばみの原因はさまざまな要因がありますが、日頃の手入れや対策を行っていれば予防することが可能です。黄ばみが発生してしまった時も衣類に合わせた洗剤や漂白剤で落とすことが可能です。

使用用途を守り、正しく使うことでいつまでもキレイな衣類で使い続けられますので、今回の情報を是非、参考にしてみて下さい。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.