記念日

9月26日は台風襲来の日!台風の目や渦巻きの向きの仕組みを解説!

投稿日:

台風襲来のイメージ画像

台風襲来の日9月26日!渦を巻くのは「コリオリのちから」?

今回お伝えする話題は、「台風襲来の日の由来」「台風はどのようにして発生し、なぜ渦を巻くのか」「台風の目はなぜできるのか、なぜ天気が良いのか」「台風一過の現象と言葉の意味」です。

台風襲来の日の由来や意味

台風で荒れる海岸風景の写真

台風で荒れる海岸風景

9月26日は「台風襲来の日」と呼ばれます。

9月26日台風襲来の回数が多い日で、過去に大きな被害をもたらした台風が襲来していることから、「台風襲来の日」となっています。

よく例に出される台風は、洞爺丸台風狩野川台風伊勢湾台風です。

洞爺丸台風(1954年)

9月26日02時頃鹿児島湾から大隅半島北部に上陸した。21時には最盛期を迎え北海道寿都町沖を通過。

狩野川台風(1958年)

9月26日21時過ぎに静岡県伊豆半島の南端をかすめ、27日00時頃神奈川県三浦半島、01時頃東京を通過、早朝に三陸沖に進んで海岸沿いを北上。

伊勢湾台風(1959年)

9月26日18時頃和歌山県潮岬の西に上陸。上陸後6時間余りで本州を縦断

台風発生の仕組み!なぜ渦を巻く?

台風の中の灯台の写真

台風の中の灯台

上昇気流 ⇒ 渦を巻きながら風が集まる

熱帯地方の海水は温度が高く、水蒸気が発生しやすいので、上昇気流が生まれる条件が揃っています。

上昇気流が生まれると、その海面に向かって、渦を巻きながら「風」が集まってきます。これが台風の始まりです。

水蒸気が集まってできた雲は、雲と雲がくっつくなどしながら、どんどん大きくなっていきます。

渦巻き状の雲のかたまりになり、その雲のまわりの「風の強さ」が「1秒間に17m進む速さ」以上になったものを「台風」と呼びます。

台風と低気圧の違いは、台風は熱い海水の熱によって大きくなっていくという点です。

渦を巻くのは「コリオリの力」?

北半球と南半球の渦は反対に回っている

たとえば、洗面所やお風呂場の排水口の「渦の回転方向」が反対

そんな話を聞いたことがあるでしょうか?

南半球のサイクロンは、右巻き

北半球の台風は、左巻き

これは、地球の自転によるものだと考えられています。

もし、地球の自転がスゴイ速さであれば、私たちがジャンプしたとき、飛び上がった場所と、着地する場所が変わります。

北半球では、(上昇気流する)空気が垂直に上がっていくときに、空気は右方向に流れていくことになります。

空気の流れが強くなっていくことで、左巻きの渦(台風)ができるという説明になります。

地球の自転の動きによって、「コリオリの力」が発生して、台風の渦を作っていると考えることができるわけです。

コリオリの力の説明を詳しく知りたい人は、下記の参考ページをご覧ください。

回転座標系上で移動した際に移動方向と垂直な方向に移動速度に比例した大きさで受ける慣性力(見かけ上の力)の一種であり、コリオリ力、転向力(てんこうりょく)ともいう。1835年にフランスの科学者ガスパール=ギュスターヴ・コリオリが導いた。

コリオリの力 - Wikipedia

現象の計算式などの説明を知りたい人は、こちらをどうぞ。

台風とコリオリ力

台風の目はなぜできるのか、なぜ天気が良いのか

台風の目の写真

台風の目

台風の目の中では、雨や風がほとんどありません

そればかりか、青空が見えることもありますね。

これは、「上昇気流」と「下降気流」の差による現象です。

台風の発生の説明にあった「上昇気流」は、台風の周囲に影響を与えます。

「台風の周りは強い上昇気流」 ⇒ 雲や雨になる。

「台風の中心は強い下降気流」 ⇒ 断熱昇温のため雲は発生しない。

「断熱昇温のため雲は発生しない」ので、そこは台風がない状態になり、台風の目となり、雲がないので晴れた状態になるんです。

台風一過の現象と言葉の意味

晴れた空に太陽の写真

晴れた空に太陽

台風一過により気温が上昇するのは、台風が運んできた「暖気」の影響である場合とフェーン現象による場合があります。

台風が運んでくる「暖気」

偏西風によって進路を変更した台風は、日本の上空や日本の付近などを通過します。

そのときに台風は、南から暑い空気を運んできています。

したがって、台風が過ぎると高気圧になります。

その影響で、気温が急上昇し、真夏日や猛暑日になることがあります。

フェーン現象

フェーン現象の発生により、気温が上昇する場合もあります。

フェーン現象とは、湿った空気が山を越えた際に熱風となる現象です。

生活の会話で使われる言葉の意味

「台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること」をたとえにして、「騒動が収まり、晴れ晴れとする様子」として使います。

まとめ

「北半球と南半球の渦は反対に回っている。」という話は、懐かしい感じがしました。

子供のころに読んだ科学系の雑誌にあったような気がします。

でも、「コリオリの力」というのは初対面です。

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.