記念日

天ぷらの日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

天ぷらの日

7月23日は大暑です。この日は天ぷらの日とされています。

暑いのに天ぷら!?なぜ?と思いますよね。天ぷらがなぜ食べられるのかの由来は夏バテが関係していますので詳しく知りたいですね。

天ぷらは今は日本食の定番ですが、実は日本発祥ではありません。天ぷらにも関東風、関西風の種類があった歴史、由来、語源を知ってみませんか?

今更、聞けない天ぷらとフリットなどの他の揚げ物の違いも知って、天ぷらの日に天ぷらを食べながら、雑談の話題にして下さいね。

天ぷらの日の由来は?

天ぷら

7月23日は天ぷらの日です。

1年で暑さが一番つらい時期は大暑と言われます。カレンダーにもよく書いてありますし、ニュースでも聞きますね。この大暑に夏バテ防止をするのに天ぷらを食べることを勧めることが由来です。

天ぷらが夏バテ防止の食べ物なの?とびっくりされた方も多いですよね。夏バテ防止と言えば、うなぎを食べる土用の丑の日が有名です。実は天ぷらも夏バテ防止の食べ物です。

天ぷらは色々な具を揚げられるので、栄養がたっぷり摂れます。油には菜種油や綿実油などに含まれる必須脂肪酸という身体で作られない栄養素があります。夏場は熱いので、冷たい物やサッパリしたものに食事が偏っているのを天ぷらを食べることで防止できますね。

天ぷらは和食ではない!?天ぷらの歴史や由来、語源は

天ぷら

天ぷらの歴史は江戸時代から本格的に始まります。日本は油を使った料理は奈良時代頃から存在していました。

しかし油は大量に採れるほどではなく、貴重でした。このため、大量の油が必要な天ぷらは日本で考えられたものではないです。どこから伝えられたかというと鉄砲の伝来と一緒にポルトガル人から小麦粉を衣にして薄く具材につける天ぷらが伝わったとされています。

江戸時代になって天ぷらは屋台で外食として普及しました。将軍徳川家康は、鯛の天ぷらが好物だと言われています。江戸時代では魚介類を具にした場合は天ぷら、野菜類を具にした場合は精進揚げと分けられていました。

天ぷらの由来は、天麩羅と全て漢字で書くと見えてきます。

麩は「おふ」のことで、麩は小麦粉に含まれる成分と同じものを使った食品のため、小麦粉という意味を持っていました。羅は薄く付けた衣という意味を持っていました。天は天まで上がるように揚げるという意味でした。

これら3つを組み合わせて天麩羅となりました。

天ぷらの語源

天ぷらの語源は、2つの説があります。

1つ目はポルトガル語のテンポラという説です。テンポラとは四季の斎日という意味です。この日には祈りを捧げ、肉類を禁止し、代わりに魚、野菜に小麦粉をつけて揚げた料理、つまり天ぷらのようなものを食べていました。

2つ目は油の当て字という説です。最近のキラキラネームのように、天はあ、麩はぶ、羅はらで油の当て字になっています。

天ぷらには関東風と関西風がある?その違いは?

天ぷら

油が普及してきたのが江戸時代とお話ししました。関東風の代表は江戸、関西風の代表は京ですね。江戸時代は東海道ができていたとしても今のように流通が盛んではなく、もちろんネットもないので、天ぷらは地域で違う発展をしました。

関東風と関西風の天ぷらの違いは、衣、油、温度、調理時間、味付けが違います。具体的に見てきましょう。

関東風の天ぷら

関東風の天ぷらの衣は、小麦粉に卵を入れて混ぜています。油はごま油を使って、高温短時間で揚げます。具は魚介が中心になるので生臭さを取るために、ごま油が選ばれました。

味付けは天つゆと大根おろしです。卵が入っているので色は黄金色になります。ごま油のごまの風味が天ぷらに移ります。高温短時間で揚げるとカリッとなります。

関西風の天ぷら

関西風の天ぷらの衣は、小麦粉を水に溶かず、具に直接つけます。油はサラダ油を使って、低温長時間で揚げます。具は野菜が中心になっていました。味付けは塩をふりかけます。色は白っぽく、具の色が映えます。

サラダ油は具の味を生かします。低温長時間で揚げるので、ふんわりします。京料理は素材の味、彩りを生かす特徴があるので納得ですね。

関西風とは違いますが、関西では魚のすり身などを揚げたさつま揚げも天ぷらと呼ばれています。天ぷらの語源で話したように、あぶらの当て字になっていたことが影響していますね。

同じ揚げ物でも天ぷら、フライ、フリット、唐揚げ、竜田揚げ、カツの違いは?

揚げ物の種類

同じ揚げ物でも種類がたくさんありますよね。少しずつ、それぞれについて解説していきます。

天ぷら

天ぷらは衣に小麦粉、水、卵を使います。衣にしっかりと具が包まれるので、具の水分が減りにくく風味が残ります。魚、肉、野菜など色々なものが使われます。油の吸収は具の重量の9~10%です。

フライ

フライは衣に小麦粉、卵、パン粉を使います。衣に水分が少ないので焦げるため、短時間で揚げるのが良いです。具は加熱済みのものがおすすめです。
コロッケ、魚、肉、野菜が使われます。油の吸収は具の重量の12~17%と衣に油がしっかりと吸収され、高カロリーになります。

カツはフライと同じですが、主に豚カツが代表ですね。魚を具にしたものはフライと呼ばれるのに対し、豚、牛、鶏などの肉を具にしたものがカツと呼ばれています。

フリット

フリットは衣に小麦粉、卵黄、牛乳、卵白で作ったメレンゲを使います。メレンゲを作るのが大変なのでベーキングパウダーや炭酸水を代用したものもフリットです。フリットではなく、フリッターでは?と思う人もいると思います。

フリットはイタリア語、フリッターは英語で同じものです。魚、肉、野菜、果物など色々なものが使われます。

唐揚げ

唐揚げは衣に片栗粉、小麦粉を使います。衣が粉のみのため、水分が少ないので焦げやすいです。加熱時間の短くて済む魚、鶏肉が使われます。油の吸収は具の重量の6%と揚げ物の中では少ないのでヘルシーです。

竜田揚げ

竜田揚げは衣に片栗粉、醤油、生姜などで味付けをしたものを使います。唐揚げよりも醤油が使われているため、焦げやすいです。加熱時間の短くて済む魚、鶏肉が使われます。醤油が入っているので色が唐揚げよりも茶色になります。茶色が紅葉のようで、紅葉の名所の竜田川が名前の由来ですよ。

素揚げ

素揚げは衣はありません。具が直接揚げられるため、水分が抜け、色、食感が大きく変化します。ポテトップス、魚、なす、ピーマンなどが使われます。油の吸収は具の重量の8~10%です。

まとめ

毎年、猛暑に苦しめられます。

今年は土用の丑の日のうなぎだけでなく、天ぷらの日に豚肉、魚、しそ、にんじん、なすなどの野菜の天ぷらを食べて、夏バテ対策したいですね。天ぷらは日本発祥でないことは驚きましたが、関東と関西で発展の違いがあって面白いですね。

揚げ物も種類がたくさんありますが、衣によって変わり、カロリーも違うので気分によって変えて楽しみたいです。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.