記念日

タクシーの日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

タクシー

8月5日はタクシーの日って知っていますか?

ここではタクシーの日の由来や歴史、意外と知らないタクシーの基本的仕組みを紹介します。また、海外タクシーは何故黄色いのかについても調べてみました!

8月5日はタクシーの日!由来は?

タクシーの日の由来

何故8月5日がタクシーの日なのでしょうか?

大正元年(1912年)8月5日にタクシーが日本で誕生したことが由来です。

現在の東京・有楽町マリオンに設立された「タクシー自働車株式会社」が、タクシーメーターを装備したT型フォード6台で始めたそうです。全国乗用自動車連合会(現・全国ハイヤー・タクシー連合会)が1989年に制定し、現在では全国統一でタクシーの日と定められました。

8月5日にはタクシー協会が地域の清掃をしたり、お得なクーポンやティッシュを配ったりしているそうです!タクシー業界から見ると、タクシーの日は利用者を獲得するために、「タクシーをもっと知ってもらう」ことが目的のようです。

地域の安全や緊急時の手段としても利用が多いタクシー。タクシー料金の仕組みをざっくりと知っておくとお得に賢く利用できるかもしれません。

知らなかった!海外タクシーは何故黄色いの?

海外タクシー

海外タクシーは何故黄色い車が多いのでしょうか?

黄色いタクシーはアメリカのタクシー会社が遠くから一番目立つ色だ!とタクシーを黄色く塗装したのが始まりだそうです。現在では「イエローキャブ」と呼ばれて、すっかり有名になりました。

タクシ―が黄色いのには理由が2つあります。

1つ目は交通事故に遭う確率が、黄色い車だと低くなるんだそうです!タクシー運転手で最も怖いのは事故ですもんね。これは私たちにも耳よりな情報です。

2つ目は、夜道でも黄色い車だと見つかりやすいためです。夜間は事故が多いので、やはり事故対策で黄色に塗っているようですね。車を黄色く塗るのはコストがかかりそうですが、白い車を維持するのに比べるとコストが大幅に削減されるそうです。

単に目立つだけではなく、ちゃんと理由があるんですね。

タクシーの基本的な仕組みを紹介!

タクシー料金

タクシー料金は初乗り運賃+(乗った距離-初乗り運賃で計算した距離時間)料金+時間分の料金で計算されています。最初の基本料金に、使った分だけの料金が足されるという仕組みです。初乗り運賃は会社や利用場所によって違います。

例えば10㎞の場合で、東京23区内では、初乗り運賃は1052mまで410円、以後237mごとに80円がどんどん足されていきます。

また、同じ場所に行くことになっても料金が違う場合もあります。「時間距離併用制」といい、簡単に言うと待っている時間も料金が発生してしまうんです!渋滞なんてしたら、どんどん金額が増えていってしまいます。

東京23区の場合は1分30秒ごとに80円がかかります。正確なメーター数を出すのは難しいですが、東京23区だと10㎞で約3450円かかると言われています。

タクシーは早朝や深夜料金もかかります。計算するなら普通の料金(10㎞だと3450円)に1.2をかけて計算し、だいたい4140円かかるということになります。
しかし、深夜の方が道が空いている事が多いので、一概に料金に1.2倍というわけには行きませんが、そういうことを頭に入れて考えながらタクシーを利用すると少しお得に利用できるかもしれません。
また、こちらからタクシーを呼ぶ場合、車での料金もかかるので、お金は多めに持っておきましょう。

ちなみに地方だからと言って、タクシー料金は下がりません。車の需要が高い地方はむしろ、東京23区と同じかそれ以上に運賃がかかります。

旅行に行くときは気をつけましょう!

まとめ

タクシーの日にタクシー会社の人が様々なキャンペーンをしていることを初めて知りました。これを機に8月5日はタクシーに乗ろうかな?と思います。

私の地区のタクシーは高齢者が多いためか、とても忙しそうです。地域によってタクシーの利用率も違ってくるのでしょうね。

皆さんも8月5日はタクシーに興味を持って過ごしてみましょう!

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.