記念日

空の日とはいつ?意味や由来は?人気の空港イベント情報も満載!

更新日:

飛行機

9月20日空の日です。

今回この記事では、「空の日の由来」「飛行機はなぜ飛ぶのか?原理は解明されていない?」をお伝えします。

空の日の由来や意味

飛行機

「航空日」から「空の日」に!

空の日」は、もともとは「航空日」と呼ばれる記念日の生まれ変わりです。

というわけで、「航空日」の説明から始めます。

航空日」は、昭和15年(1940年)に制定

このときの日付は、9月28日でした。

翌年に、日付が変更されます。

昭和16年の「航空関係省庁間協議」において9月20日と決定。

第2次大戦終戦に伴って、一時休止。

昭和28年(1953年)に復活

民間航空再開40周年を記念して、「空の日」と改称されます。(「再開」というところに注意)

1992年(平成4年)9月20日から、「空の日」となりました。

9月20日という日付の由来は、「3月10日の陸軍記念日」や「5月27日の海軍記念日」が春に行われるため、

時期をずらしたと考えられています。

もともとの「航空日」の由来

日本で最初の「動力飛行」が披露された明治43年(1910年)から30周年に当たる年。

紀元2600年の祝典諸行事の計画が国を挙げて進められていた時期。

これらが重なった昭和15年(1940年)

航空日本の将来の発展に努めるための国家的行事を実施すべき!という要望が高まります。

政府は、昭和15年6月13日の各省次官会議において「航空日」の制定。

第1回「航空日」は、昭和15年9月28日

航空大会、グライダー大会、航空功労者表彰式、講演会、論文募集、標語募集、展覧会、演劇、演奏会などが実施されます。

第2回「航空」は、航空関係省庁間協議において「9月20日」と決定。

参考までに、徳川好敏・陸軍大尉と日野熊蔵・陸軍大尉の二人が代々木練兵場にて初飛行したのは12月19日となっています。

飛行機はなぜ飛ぶのか?原理は解明されていない?

かもめの翼の写真

かもめの翼

あの重たい飛行機が浮かんで空を飛ぶ謎を探っていると、「飛行機が空を飛べる原理」は解明されていないという話があります。

それは、「100%を説明できる計算式がないということらしいです。

本格的なことを知るには、「航空宇宙工学」を勉強する必要があります。

ここでは、よく話題になっている「ベルヌーイの定理」を解説します。

本題に入る前に、「推進力」「抵抗力」「重力」「揚力」について復習しておきましょう。

  • 推進力」は、前に進もうとする力です。
  • 抵抗力」は、風の抵抗などのように前に移動するのを邪魔する力
  • 重力」は、下に落ちようとする力です。
  • 揚力(ようりょく)」は、上にあげる力です。

この4つの力が働く中で、飛行機は空を飛わけです。

「揚力(ようりょく)」と「推進力」が強くないといけないわけです。

ベルヌーイの定理」での説明を見ていくと、飛行機の翼の形がポイントとなっています。

サイドから見た断面図で想像してください。

上側が膨らんでいます。

涙のしずくのイラストを横向けにして、それが限りなく平たく薄くなったような感じ。

もしくは、勾玉(まがたま)をペチャンコにしたイメージ。

その形で風を受けると、

翼の上を流れる風は速く

翼の下を流れる風は遅い

という状況が生じます。

空気の圧力で言うと、次のようになります。

翼の下の圧力が強くなり、下から上に押し上げることができる準備が整います。

同時に翼の上の圧力が弱くなるので「揚力(ようりょく)」が生まれて、飛行機が浮くというわけです。

これにジェットエンジンの「推進力」があるので、飛び続けるということになるのですが・・・・。

これでは、「飛行機が空を飛べる原理」としては不十分なんだそうです。

これにプラスしたような、「翼が空気を切るときに発生する渦が揚力を生むという『渦』説」というのも、近年では語られているようです。

このあたりが計算式では説明できない理論だとのこと。

素人の知識では、「紙飛行機や工作のプロペラ機が飛ぶような話ではなさそうだ」というくらいしか言えないです。

揚力の発生原理 ー 飛行機はなぜ空を飛べるのか?

空の日のイベント

空港

空の日」に関連した様々なイベントは、日本各地のほとんどの空港で行われています。すべての詳細を紹介する事は出来ませんが、主要な空港で行われるイベントについて見ていきましょう。

空の日の空港イベント

成田空港

こちらでは秋の風物詩となっている「空の日フェスティバル」が行われます。

このイベントでは、様々な見学エリアが設けられていたり、キャラクターショーゲーム大会お楽しみ抽選会などが行われています。大人も子供も楽しめるイベント内容になっているようですね。

滑走路全体を見渡せる、第一ターミナルの見学デッキからは、間近に飛行機を見ることができ、飛行機に荷物を積み込む作業なども見ることが出来ます。

普段は見る事の出来ないものが見られるのは、大人でも楽しいものですよね。

この「空の日フェスティバル」に合わせて、航空科学博物館では、「航空ジャンク市」というものが開催されており、航空マニアの間ではとても有名なイベントらしいです。普段は中々手に入れる事が出来ないエアライングッズや、航空部品などが格安で購入出来るようで、マニアにとっては魅力的な機会となっています。

成田空港〜空の日〜

神戸空港

ANAやエア・ドゥなどといった航空会社別にブースが設けられています

オリジナルグッズなどの販売やキャラクターとの写真撮影ビンゴ大会歴代制服のファッションショーなど、それぞれの航空会社で個性的なイベントを行っています。

他にも空港内のバスツアー物産展基地の見学なども行われているようです。

神戸空港〜空の日〜

福岡空港

グッズや航空券の当たる抽選会ミニゲームオリジナルグッズの配布、バザーなどが行われています。

また体験教室スカイスクールなども行われているようです。

体験教室では、管制官シミュレーター、倉庫見学ツアー、ヘリの操縦席に座るなどの体験が出来るのだそうです。

スカイスクールではパイロット、整備士、キャビン・アテンダントなどの職務をどのように行っているのか、その行程などの詳しい説明が聞けます。

福岡空港

那覇空港

管制シミュレーション体験などが出来るイベントが開催されています。

那覇空港のイベントでは、内容によっては、事前に募集するものがあるようなので、興味ある方は是非HPなどで調べてみて下さいね。

特に管制シミュレーション体験は人気があるようで、普段は入ることのできない管制塔で、管制官の模擬体験が出来るのだそうですよ。

バスツアーでは、空港の施設や滑走路などを見学できます。航空教室ではパイロットや整備士から、飛行機が飛ぶ仕組みなどの説明を受けたあと、整備場などの見学が出来るのだそうです。

イベントだけではなく、国土交通省の航空保安大学校では、空の日に合わせてオープンキャンパスが開かれるようです。

那覇空港

まとめ

ベルヌーイの定理」と「飛行機の翼の形」の話を読みすすめていると、

ロケットが上にまっすぐ飛ぶのはなぜだろうと考えてしまいました。

ほんの少しだけ、「航空宇宙工学」を追求したくなる人たちの気持ちがわかりました。「きっと、ロマンなんだろうなぁ」と口にしたくなります。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.