記念日

セプテンバーバレンタインとはいつ?どんな記念日?意味や由来は?

投稿日:

心情と枯れ葉を重ねる

皆さまは、「セプテンバーバレンタイン」という記念日をご存じでしょうか。

バレンタインと名が付きますので、バレンタインデー関連の記念日のような連想をしてしまいますが、バレンタインとは真逆と言っていい程、違う意味をもった記念日なのです。

言葉自体、初めて聞いた、という方もいらっしゃると思います。

この記事では、セプテンバーバレンタインの日付や由来、〇〇デーと名の付く、関連のある記念日の由来についてご紹介します。

聞いたことのある記念日から、少しマイナーな記念日まで紹介しておりますので、是非最後までご覧ください。

セプテンバーバレンタインとは別れの記念日?

壊れたハート

セプテンバーバレンタインの日は、「9月14日」に制定されています。バレンタインデーやホワイトデーと同じく14日で、ホワイトデーの半年後になっています。

セプテンバーバレンタインとは、日本だけの記念日であり、3月14日のホワイトデーから半年目の節目に、「女性から別れを切り出す日」として制定されました。

想いは想いでも、別れの想いを伝える日だとは、少し驚いてしまいますよね。

1982年まで放送されていたTBS ラジオの深夜番組「パック・イン・ミュージック」が発祥だと言われており、これに関連して、シンガーソングライターの佐々木幸男氏が、EPレコードのシングル『セプテンバー・バレンタイン』という別れの歌を発売しています。

そして、セプテンバーバレンタインの別れ方にはルールがあり、別れを切り出す女性が、

紫色の物を身に付け、白いマニキュアを塗り、緑のインクで書いた別れの手紙を相手に直接手渡す」というものです。

中々インパクトがある別れのルールですよね。

現在別れを切り出しにくい状況にいる方は、このセプテンバーバレンタインのルールに乗っ取って、きっかけを掴んでみてはいかがでしょうか。

「2月14日」バレンタインデーの由来とは?

バレンタインデー

ここからは、セプテンバーバレンタインとは逆の存在、女性から男性に想いや感謝を伝える「バレンタインデー」についてお話していきます。

バレンタインデーの由来ですが、まずは「バレンタイン」についてご説明します。

バレンタイン」とは、実は人名なのです。

3世紀当時のローマ皇帝は、兵士たちの戦意に支障をきたすという理由から、若者達の結婚を禁じていました。

バレンタインは、結婚できない若者達を哀れに思い、見つからないよう密かに結婚をさせていました。

しかし、ローマ皇帝がそれを知り、バレンタインに考えを改めるよう迫りましたが、承諾しなかったため、バレンタインは投獄、そして処刑されてしまいました。

バレンタインが処刑された日が、2月14日なのです。

後に勢力を増したキリスト教により、バレンタインは聖人として崇められ、2月14日にはカードや花束などを送り合う習慣が定着していきました。

チョコレートを贈るという習慣は日本特有のものではありません。

イギリスのチョコレート会社が、ギフト用チョコレートボックスを製造し、贈り物として選ばれていったため、徐々に広がったと言われています。

日本で流行したきっかけは、1936年に神戸モロゾフ洋菓子店が、バレンタインチョコの広告を出したのが最初と言われており、1958年には伊勢丹新宿店でバレンタインセールと称したキャンペーンが行われた記録もあります。

日本でチョコレートを贈る習慣はすぐには定着しませんでしたが、チョコレートの消費量が徐々に増加していったため、1970年頃より現在のスタイルが定番となっていきました。

今は、本命チョコの他にも、感謝の気持ちがメインである「義理チョコ」や、友人とチョコを贈りあう「友チョコ」など、様々な形でバレンタインデーが楽しまれています。

バレンタインデーが近づくと、街の色が一気にバレンタインデー一色になるのは、見ていて楽しいですよね。

チョコ既製品手作りも人気で、甘いものが苦手な方には普段使い出来る雑貨などをプレゼントしたりと、スタイルは様々かと思います。

相手に喜ばれるバレンタインデーとなるよう、自分も楽しみながら計画出来るとより良いですね。

「3月14日」ホワイトデーの由来は?

一緒の男女

ここからは、バレンタインデーのお返しに、日頃の感謝を伝えるため、主に男性から女性にプレゼントを渡す「ホワイトデー」についてお話していきます。

ホワイトデーは、バレンタイン氏の殉教からひと月後に、改めて2人の永遠の愛を誓い合った日、という話に由来します。

日本では、1978年に全国飴菓子工業協同組合の総会で「ホワイトデー」と定め、1980年3月14日から始まったとされています。

「ホワイトデー」がなぜ「ホワイト」なのか、という理由ですが、全国飴菓子工業協同組合が、「ホワイトは純潔のシンボルである」という意見から、日本固有の呼び方である「ホワイトデー」となりました。

組合は、元々キャンディーの販売を促進するために記念日を定めたため、ホワイトデーではなく「キャンディーの日」とする案もあったようです。

今ではすっかり「ホワイトデー」という名称が定着していますよね。

ホワイトデーもバレンタインデーと同様に、現在は様々な渡し方やスタイルがあります。

記念日の当初の形式が残りながらも、記念日自体をイベントとして色々な形で楽しむ現代のスタイルも、楽しさがあって良いのではないでしょうか。

「9月14日」メンズバレンタインデーの由来とは?

男性イメージプレゼント

最後に、「メンズバレンタインデー」という、少し聞き慣れないであろう記念日についてご紹介したいと思います。

先にご紹介した「セプテンバーバレンタイン」と同じく「9月14日」が記念日である「メンズバレンタインデー」ですが、男性が女性に積極的に愛を表現する日として、1991年に日本ボディファッション協会が制定しました。

制定された理由は、「バレンタインデーもホワイトデーも、基本的には女性が指導権を握っているので、男性が女性に愛を告白する日があってもいいのではないか」という考えから、バレンタインデーの半年後の9月14日としました。

しかし、メンズバレンタインデーは、バレンタインデーやホワイトデーほど認知されていない印象を受けます。

認知されていない理由としては、日本ボディファッション協会は、下着のメーカーの集まりであったため、「男性から女性に下着をプレゼントして愛の告白をしよう」と言う理由から、商業的なイベントとして記念日を制定しました。

しかし、よほど親密な関係でないと、異性に下着をプレゼントするのは難しいですよね。

制定された年はメンズバレンタインデーが話題になりましたが、実際に下着をプレゼントしたという実例はほとんどなく、本来の理由で記念日が認知されることは少なくなった、という経緯です。

ですが、感謝や想いを伝える記念日という意味では、いいきっかけになると思いますので、記念日を狙って、想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

最後に

この記事では、9月14日に制定されている「セプテンバーバレンタイン」に関連して、想いを、言葉やプレゼントで伝える様々な記念日についてご紹介しました。

セプテンバーバレンタインは、制定された理由としては少し驚いてしまうようなものでしたが、人が人に想いを伝えるには、記念日は1つのきっかけになりますよね。

記念日特有の空気雰囲気が、人を動かすことも少なくないと思いますので、思いとどまっている想いや気持ちがある方は、記念日を機会に行動してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.