国民の祝日 記念日

敬老の日の贈り物に熨斗は必要?種類や表書きの書き方もまとめて解説!

更新日:

水引のイメージ画像

慶事のプレゼントやギフト等の贈答品に沿える飾りである熨斗

この熨斗は、敬老の日のプレゼントには必要なのでしょうか。

敬老の日のプレゼントに熨斗(のし)は必要?

熨斗と水引のウチワの写真

結論を申し上げると、熨斗を添えてプレゼントするのが正式であるため、必要であると言えるでしょう。

しかし、ケースバイケースで考えればよいでしょう。

孫が祖父母の似顔絵を大きなサイズの画用紙に描いて、プレゼントする場合もあるでしょう。

それをわざわざ折りたたんでまで、熨斗をつけるというのも不自然です。

また、「そこまでする必要はない」「熨斗の有無はプレゼントの質に左右しない」といった考え方をもつ家庭もあるはずです。

その過程の過去の習わしや考え方により、熨斗の要不要は変わってくると考えるのが普通です。

熨斗・水引の種類は?

弔事の掛け紙のイメージ画像

弔事の掛け紙

熨斗の種類は、水引の色や結び方によって分かれてきます。

慶事の際には、熨斗紙として、熨斗を最後に飾るのが普通です。

一方で、弔事の際には熨斗を飾るべきではありません

熨斗は、「この先のずっと、永遠に」といったような意味を込めてつけられるためです。

弔事の際は、不幸なことを先延ばしにしたくはないですからね。

それでは、水引にはどのような種類があるのか確認しておきましょう。

水引の種類

水引

まずは、水引色による用途の違いを説明します。

用途
金銀 婚礼関係
紅白 婚礼関係
一般的な慶事
季節のご挨拶
黒白 仏事・お悔やみ事

つづいて、水引結び方による用途の違いを説明します。

水引きの結び方による用途の違い

水引

結び方 用途 特徴
蝶結び(花結び) お中元
お歳暮
ご挨拶
出産祝い
蝶結びは、何度でも結び直すことができるので、「繰り返しあっても喜ばしいお祝い事」に用いられます。
 
例えば結婚や快気祝いは喜ばしいことではありますが、決して繰り返しあって嬉しいことではありません。そのため、その場合には蝶結びはなじまないのです。
結び切り(5本) 快気祝い
お見舞い祝い
全快祝い
結び切りの水引は、「一度結んだらほどけない」ことを意味します。
そのため、1回限りの祝い事、繰り返してはいけない慶事に用いられます。
結び切り(10本) 寿
結婚祝い
結婚内祝い
結び切り(5本)と由来は同じです。
よりおめでたい祝い事として、区別をするため、結婚祝い等では結び切り(10本)の水引を用いることになっています。

それぞれの用途に合わせて、慶事の場合には熨斗を飾り付けます

すると、「熨斗紙」が完成し、プレゼントを包装するのに使われます。

一方で、弔事の場合には熨斗は飾り付けません

すると、熨斗がない水引だけの「掛け紙が完成します。

以下、簡単に掛け紙の種類を説明いたします。

掛け紙の種類

掛け紙

種類 用途
藍銀水引 志、御仏前、御供、ご香典
黄白水引 粗供養、満中陰志、志、御供
蓮絵水引 志、御仏前、御供、ご香典

熨斗の表書きは?

表書き

熨斗は、その内容に応じて表書きに記す内容が異なってきます

表書きとは、水引よりも上のスペースの真ん中あたりに記載されているもので、「御祝」「寿」「御見舞い」といったような言葉が書かれているのを想像できる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、その熨斗の表書きについて、用途に応じた使い分けを紹介いたします!

表書き 用途 カテゴリー
おみやげ 日常の贈り物。特に女性が送り主の場合、優しい印象を与えます。 日常
おめでとう 子供の成長の祝い事 入学・卒業・就職
お歳暮 暮れの挨拶の品 季節の挨拶・中元・歳暮
お車代 神職を遠方から呼んだ時のタクシー代 新築
お祝い 初宮参りのお祝い 子供関係
お祝い 入選入賞した人のお祝い 結婚式・受賞
お年玉 お年玉 季節の挨拶・中元・歳暮
お布施 寺や僧侶への仏事のお礼 法要
お礼 一般的なお礼 日常
くだもの お見舞いで差し入れる果物の包 お見舞い
こころ お見舞いに来てくれた人への感謝の意 お見舞い
ご挨拶 香典や弔電、供物、花輪などを頂いたときの礼状 香典返し
ご卒業おめでとうございます 卒業のお祝い 入学・卒業・就職
ご入園おめでとう 幼稚園に入園した子供のお祝い 入学・卒業・就職
入学祝い 小学校に入学した子供のお祝い 入学・卒業・就職
はだぎ料 子供用の衣類の代わりに産婦の実家から贈るお金 懐妊・出産
花輪代 花輪代わりに贈る現金 昇進・栄転・開店
賀華甲 還暦祝い。華は十が六つ、一が一つからなり61歳をさすための表書き。 長寿・敬老
賀御帯解 7歳の時のお祝い。7歳の女の子のお祝い時に初めて本式の帯をしめる「帯解」に由来 子供関係
賀御髪置 3歳の時のお祝い。3歳の時に髪をもばす「髪置」の習慣に由来 子供関係
賀社会人 就職し、社会人へと巣立つお祝い 入学・卒業・就職
賀成人式 子供の成人のお祝い 子供関係
賀正 年始まわりの贈り物に 季節の挨拶・中元・歳暮
快気祝い 退院や床上げをしたときにお見舞いをしてくれた人へのお返し お見舞い
快気内祝 「快気祝い」と同様の意味で、家の内での祝いごと お見舞い
楽屋御見舞 発表会などの楽屋に持って行く励ましの金品 お見舞い
寒中お見舞い 立春まで使う。松の内に年始回りができなかった場合に 季節の挨拶・中元・歳暮
感謝 父御日、母の日など行事における何らかのお礼 日常
岩田帯 祝い帯に。神社や子宝に恵まれた人から贈られることもある 懐妊・出産
寄贈 団体、学校、会社に寄付する金品 日常
忌明 香典返し。「志」の丁寧な書き方 香典返し
揮染料 「揮染」は神を色で染めること。絵をかいてもらったお礼 謝礼
揮毫料 「揮毫」は筆をふるうこと。書画をかいてもらったお礼 謝礼
祈御健闘御 選挙事務所や合宿など御見舞いとして持参する金品 お見舞い
祈御全快 一日でも早い全快を祈る気持ち お見舞い
菊一輪 少しのお金を供えるときに。 葬儀
謹謝 目上の人などにあらたまって贈るお礼の金品 日常
謹呈 目上の人に謹んで物をさしあげるという気持ち 日常
献金 キリスト教式の葬儀で贈る教会へのお礼 葬儀
見積料 見積作成の代金に 謝礼
原稿料 雑誌やイラストレーションなどを書いてもらった時に 謝礼
袴着祝 5歳の時のお祝い。5歳の男の子のお祝い時に初めて袴をつける「袴着」に由来 子供関係
御ミサ料 主にカトリック教会での香典にあたる。 葬儀
御挨拶 引っ越し先でのあいさつまわりや人に何かを依頼するときに 日常
御引退記念 定年退職者へ贈る記念品 昇進・栄転・開店
御花料 キリスト教式の葬儀では香典の代わりに献花をする 葬儀
御花料 キリスト教の記念、追悼ミサ 法要
御会葬御礼 葬式や、告別式の日に参列者に配る礼状 香典返し
御悔 身内や親戚以外の故人の知人が遺族を見舞ってするお供え 葬儀
御改築御礼 家の一部を改築したお祝い 新築
御供 葬式や法要の時にするお供え 葬儀
御玉串料 安産の祈願を神社でしてもらったときのお礼 懐妊・出産
御玉串料 焼香でなく玉串奉奠をする、神式の葬儀の香典 葬儀
御結婚御祝 「寿」とともによく使われる表書き 結納・結婚式等
御結納金 金包み 結納・結婚式等
御見舞 お見舞いの金品によく使われる「御伺い」 お見舞い
御袴料 女性から男性に贈る金包 結納・結婚式等
御香資 お香の代わりに持参する法要に招待された時のお金に 法要
御香料 心身の健康の祈願等お寺にお世話になったとの謝礼 子供関係
御香料 霊前や仏前に香や花を供える代わりに備えるお金 葬儀
御榊料 神式葬儀の香典の表書き。「榊」は神木のこと。 葬儀
御車代 結納のとき仲人の自宅と違った場所で行ったときに渡すお金 結納・結婚式等
御酒肴料 仲人にもてなしに代わって御礼と別に渡すお金。 結納・結婚式等
御祝 挙式前のお祝い。お金以外の品物を贈るときにも応用可能。 結納・結婚式等
御祝 入学や卒業のとき、身内で贈るお祝い金 入学・卒業・就職
御祝儀 挙式でお世話になった手伝いの人や運転手、美容師などへ贈るお礼 結納・結婚式等
御祝儀 施主が上棟式に現場関係者に祝儀などを渡す時に。「酒肴料」 新築
御祝儀 祝宴やお祭り引っ越しなどに手伝いをしてくれた人や世話人へ 日常
御出産祝 産後三週間以内に金品を贈って祝うときに「祝御出産」 懐妊・出産
御初孫御祝 初孫の誕生のお祝い 懐妊・出産
御初着 赤ちゃんに初めて着せる衣類を妻の実家から贈るときに 懐妊・出産
御初穂料 初宮参り、交通安全祈願、厄除祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣など神社で執り行うすべての祭事での神社へのお礼 子供関係
御勝手御見舞 懐石料理などの解釈に招待された際に、材料費の一部として渡すお金 お見舞い
御上寿御礼 九十歳、百歳、百二十歳のお祝いに 長寿・敬老
御新築祝 一般的には新築した人へのお祝い。増改築の場合も使用可能。 新築
御神前 神式葬儀の香典の表書き 葬儀
御神前 神式の霊前の時の香典に 法要
御神饌料 神式葬儀の香典の表書き。 葬儀
御神饌料 上棟式や地鎮祭などの祭祀料 新築
御進学祝 進学のお祝い 入学・卒業・就職
御盛会御祝 何かの会に招かれた時に渡すお祝いの金品 お見舞い
御線香料 線香を霊前から絶やさないようにという意味のお金 葬儀
御膳料 出産でお世話になった人に祝宴代代わりの御礼として包むお金 懐妊・出産
御創業御礼 事業や事務所の開業のお祝い 昇進・栄転・開店
御帯 仲人が妊婦に、また他人が知り合いの妊婦に贈る帯祝 懐妊・出産
御帯祝 金品を帯祝に贈るときに 懐妊・出産
御帯内祝 帯祝のお返し 懐妊・出産
御帯料 男性から女性に贈る金包 結納・結婚式等
御中元 お中元の贈り物。時期は関東では7月上旬から8月中旬。関西以西では、7月中旬から8月中旬。 季節の挨拶・中元・歳暮
御弔典 会社などからその社員や職員の関係する葬儀に贈る香典 葬儀
御土産 新婚旅行のおみやげの品 結納・結婚式等
御入学祝 身内が入学を祝って贈る金品 入学・卒業・就職
御年賀 年始まわりの品 季節の挨拶・中元・歳暮
御白花料 キリスト教式の香典にあたる、棺を白い花で飾り死者を送ることから由来する 葬儀
御服地料 社会人の門出にスーツでもご新調くださいといった気持ちを込めて贈るお金 入学・卒業・就職
御仏前 四十九日の法要がすんでからの香典に 葬儀
御仏前 年忌法要によく使われる 法要
御勇退記念 自分の意思で退職する人に贈る金品 昇進・栄転・開店
御礼 仲人へのお礼「寿」 結納・結婚式等
御霊前 神葬祭にも使うが一般的に通夜、葬儀の香典に 葬儀
御霊前 仏式にかかわらず使える最もポピュラーな香典 法要
講演料 講演のお礼 謝礼
合格御祝 入学試験に受かった時 入学・卒業・就職
災害御見舞 天災に遭った人へのお見舞い お見舞い
残暑お見舞い 立秋から9月中旬までに、お中元やお返しが贈れたときに贈る品に 季節の挨拶・中元・歳暮
仏式の葬式の香典返しの品 香典返し
七五三御祝 三歳、五歳、七歳のいずれにも使える表書き 子供関係
執筆料 雑誌や書籍、広報、社内報などに原稿を書いてもらった時の謝礼金 謝礼
偲び草 神式の香典返しのこと。五十日祭の後に贈る 香典返し
謝御見舞 感謝が強い時のお礼 お見舞い
謝礼 講師、指導、発表などに参加依頼をしたとき 謝礼
酒肴料 両親から妊婦の娘に腹帯を贈るとともに贈るお金 懐妊・出産
酒多留料 結婚祝い 結納・結婚式等
寿 結婚祝いによく使われる。祝い事の中でもっとも格式の高い表書き 結納・結婚式等
寿 妊婦の実家から娘に贈る腹帯 懐妊・出産
寿 受賞祝いを頂いたときのお返し 結婚式・受賞
寿福 敬老の日や長寿のお祝いに 長寿・敬老
就職おめでとうございます ごく親しい人の身内の最終学歴の卒業、就職のお祝い 入学・卒業・就職
十三祝い 13歳になったことを祝う十三祝いの表書き 子供関係
祝延寿 敬老の日や誕生日の長寿のお祝い 長寿・敬老
祝喜寿 喜の草書体が七十七に似ているところから77歳の誕生日に 長寿・敬老
祝金婚式 結婚五十周のお祝い 結婚式・受賞
祝銀婚式 結婚二十五周年のお祝い 結婚式・受賞
祝結婚記念日 結婚記念日のお祝い 結婚式・受賞
祝古希 70歳の誕生日に 長寿・敬老
祝御栄転 栄転する人へのお祝い 昇進・栄転・開店
祝御開業 医院や事務所を開いた人へのお祝い 昇進・栄転・開店
祝御開店 お店の開店のお祝い 昇進・栄転・開店
祝御結婚 結婚祝に使う。4文字が気になるのなら「祝」の字を大きくする、離して書くなどの工夫を 結納・結婚式等
祝御就職 就職のお祝い。再就職の人なら初出勤のお祝い 入学・卒業・就職
祝御竣工 ビルなど大きな建物の完成祝い 新築
祝御昇進 昇進した人へのお祝い 昇進・栄転・開店
祝御新居 マンションや新居を購入したなど新居に入った人へのお祝い 新築
祝御成人 成人式あるいは満20歳の誕生日のお祝いの表書き 子供関係
祝御卒業 最終学校の卒業のお祝い 入学・卒業・就職
祝御入園 幼稚園、保育園の入園のお祝い 入学・卒業・就職
祝御入学 入学祝い 入学・卒業・就職
祝御留学 海外留学のお祝い 入学・卒業・就職
祝紙婚式 結婚一周年のお祝い 結婚式・受賞
祝受賞 展覧会、コンクールなどで選ばれた時のお祝い 結婚式・受賞
祝初誕生日 子供の1歳の誕生日のお祝い 子供関係
祝入選 コンテストやコンクールなどで入選したときのお祝い 結婚式・受賞
祝白寿 99歳の誕生日に。百から一をとると白になることに由来 長寿・敬老
祝米寿 88歳の誕生日に。米の字が八十八に似ていることに由来 長寿・敬老
祝命名 赤ちゃんに名前がついたことを祝って両親に贈る金品 懐妊・出産
出火御見舞 火事に遭った人へのお見舞い お見舞い
初雛御祝 女の子の初節句のお祝い 子供関係
初節句御祝 桃の節句、端午の節句などの初節句のお祝い 子供関係
初幟御祝 男の子の初節句のお祝い 子供関係
暑中お見舞い お中元の時期を過ぎてから贈る品に 季節の挨拶・中元・歳暮
松の葉 松の葉に隠れるほど微かなという意味で贈られる品物 日常
「さしあげます」という意味であらゆる日常的な贈り物に 日常
新築内祝 新築のお祝い返し 新築
進呈 同輩や目下の人への贈り物。丁寧な言い回し 日常
陣中御見舞 楽屋や催事の詰め所、選挙事務所や合宿などに持参する金品 お見舞い
水害御見舞 集中豪雨や洪水などの水害に遭った人へのお見舞い お見舞い
寸志 仲人へのお礼に。 結納・結婚式等
寸志 目下の人に手伝いを頼んだ時に。目上の人には使わない。 日常
粗供養 法要の出席者にお礼や記念に渡す引き出物 法要
粗品 お祝いのお返し 結納・結婚式等
贈呈 団体や会社など贈るものに。「進呈」よりやや格が下がる。 日常
帯祝い 妊婦の両親が娘に贈る腹帯 懐妊・出産
茶の子 わずかばかりの気持ちという意味 法要
内祝 披露宴に招待できなかったのにお祝いをくれた人への贈り物 結納・結婚式等
内祝 出産通知をした人に配る品に。お宮参りの頃に届ける「出産内祝」 懐妊・出産
拝呈 目の上に物を贈るとき 日常
薄謝 仲人や講師へのお礼、また目下へのお礼やお返し 日常
本復祝 「快気祝」のやや古風な言い回し お見舞い
満中陰 関西地方でよく使われる香典返し 香典返し
命名御礼 名付け親が身内以外の人の場合のお礼の品に 懐妊・出産
命名料 こどもの名前を専門家などにつけてもらったお札に 謝礼

まとめ

今回のメインテーマとなる、敬老の日に関わる部分については、強調して表示をしました。

とりあえず、最初に敬老の日を祝うような場合は、無難に「寿福」とすればいいのではないでしょうか。

その後は、祖父母の年齢に応じて、それぞれ適した表書きがあるので、それらを活用していけばよいでしょう。

人生、生きていると様々なお祝いをするシーンがあり、それぞれの場面において表書きが用意されています。

すべて覚えることは到底不可能ですし、すべてを使う機会は、長い人生を生きていても恐らくないでしょう。

しかし、いざという時に恥をかかないためにも、代表的なものだけでも知識として知っておいた方がいいでしょう。

くれぐれも、受贈者に失礼を与えないようにすることが大切です!

 

-国民の祝日, 記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.