記念日

漬物の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

漬物

和食定食を頼むと必ずついてくる漬物にも記念日があります。

毎月21日は漬物の日です。毎月なので年12回あります。

漬物の種類は、漬け方、漬ける物、漬ける日数で違ってるため、色々な漬物があります。

地域ごとの伝統的な野菜を使った漬物もあります。漬物の日の歴史由来を知って、色々な漬物を比べられるようにまとめましたので、参考にして下さい。

【漬物の日の歴史や由来は】

漬物

毎月21日は漬物の日です。漬物の祖神が日本には唯一存在します

萱津神社の神鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)です。漬物の祖神だけでなく、諸病免除の神縁結びの神でもあります。

萱津神社で香乃物祭りが毎月8月21日に行われているため、漬物の日は21日となりました。

8月21日だけで良いのではと思いますが、漬物を普及したいため、毎月21日になっています。

漬物の歴史に神様が関係しているため、漬物の祖神が存在します

海岸に面した土地の人々が初収穫の瓜やナスなどの野菜や、海水から作った塩をお供えして、豊作を祈っていました。

お供えしたままだと腐ってしまうのをもったいないと思い、甕桶に野菜と塩を入れていたら、塩漬け状態になり、神様からの贈り物として食べられるようになったことが、漬物の始まりです。

漬物なのに香乃物祭りとなっています。

香の物は平安時代の貴族の遊びとして同じ香りを当てる香合わせ聞香がありました。

香りを嗅ぎ続けていると鼻がマヒしてくるのを中和するためによりニオイの強い漬物を食べていました。

上品な言い方として香の物、お香香と呼ばれるようになりました。

お新香は漬物でも短時間で漬けた浅漬けのことです。漬け具合が短いので古くなっていない、つまり新しいため、お新香と呼ばれます。

【漬物の種類や特徴は?】

漬物

漬物を漬けるのに使う材料は野菜だけでなく魚などもあり、副材料は塩だけでなく、ぬか、粕などがあり、漬ける期間も1日~5年と違うため、種類がたくさんあります。

材料によって違う種類

塩漬け

一夜漬け、梅干しなどの方法です。乳酸菌などにより発酵が起き、味わいが出るのが特徴です。

ぬか漬け

ぬか床を作り、きゅうり、なすなどを漬ける方法です。乳酸菌などにより発酵が起き、味わいが出るのが特徴です。

粕漬け

お酒を造る時に出来る粕に大根、わさびなどをつける方法です。奈良漬けが代表的で、酒粕の風味が野菜に移るのが特徴です。

酢漬け

酢に野菜や魚など漬ける方法で、らっきょう、千枚漬けなどが有名です。酢のため、酸味が強いのが特徴です。

麹漬け

麹に塩、砂糖を混ぜ、野菜、肉、魚などを漬ける方法です。べったら漬け、魚の麹漬けなどが有名です。

砂糖が入っているため甘みがあるのが特徴です。

味噌漬け

味噌に野菜、肉、魚などを漬ける方法です。西京焼き、ごぼうの味噌漬けなどが有名です。みその風味が移り、取り除かずにそのまま食べられるのが特徴で、西京焼きのように魚や肉は焼いて食べます。

醤油漬け

醤油に野菜、魚などを漬ける方法です。福神漬け、いくら、数の子などが有名です。醤油の風味が移り、乳酸菌などの発酵により味わいがでるのが特徴です。

辛子漬け

塩を用いて下漬けした後に、辛子を加え、加熱し、漬ける方法です。なすの辛子漬けが有名です。辛子の味が移るのが特徴です。

漬ける期間によって違う種類

漬物

即席漬け、浅漬け、1夜漬け

1晩~2日程度漬けます。野菜が生に近い感覚と味を楽しめる特徴があります。風味を出すために生姜、とうがらしなどを加えることが多いです。

当座漬け

2~14日程度漬けます。野菜がしんなりしてきているのが特徴です。

保存漬け

1か月~5年など長期に漬けます。腐らないように塩分の量が多いのが特徴です。

地域ごとの特産品の漬物の特徴は?どんな味?

漬物

全国で名産品を中心に漬物が栄えています。住んでいる地域の近くの漬物は知っていても知らない漬物もあると思います。

北から順番に代表的な漬物の特徴と味を紹介します。

(北海道)にしん漬け、松前漬け

にしん漬はキャベツと大根と身欠きにしんを麹で漬けた特徴があります。味はにしんの魚の匂いと酸っぱさがあります。松前漬けは数の子(にしんの卵)、イカ、昆布を醤油で漬けた特徴があります。味は塩っ辛い濃さがあります。

(青森)しそ巻梅漬

赤しその葉を重ねて束にし、梅酢に浸し、塩で漬けたもので、赤しそが酸味で発色するのが特徴です。味はさわやかな味と甘みがあります。

(秋田)いぶりがっこ

燻煙乾燥した大根を、米ぬかと塩を漬けるのが特徴です。味は燻製の風味があります。

(岩手)金婚漬

瓜の中にゴボウ、にんじん、しその葉を昆布で巻いたものを詰めて、もろみ醤油で漬けたもので切った断面がにんじんの赤が生えて昆布の黒で締められてキレイなのが特徴です。もろみ醤油の味が瓜に染み、こりこりした食感が楽します。

(山形)菊花漬

大根、にんじん、きゅうりを黄色い食用菊で巻き、塩と酢で漬けた物で、菊の黄色が鮮やかなのが特徴です。菊の花の風味と酸味がし、野菜のこりこりした食感が楽しめます。

(宮城)長茄子漬

長茄子をまるごと塩、砂糖で漬け、茄子の紫が発色している特徴があります。塩分控えめな上品ななすの味がします。

(東京)べったら漬

塩で大根を下漬けし、砂糖、米、米麹で漬けたものです。大根のこりこりした食感と砂糖の甘味があるものの淡泊な味がします。

(千葉)鉄砲漬

瓜の中に、青とうがらしをしその葉で巻いたものを詰めて、醤油、みりんなどに漬けたものです。しその風味ととうがらしのピリッとした辛味、瓜のこりこりした食感があります。

(神奈川)曽我の梅干

塩で漬けこみ、天日干しているのが特徴です。薄味で食べやすいのが特徴です。

(長野)野沢菜漬

野沢菜は野菜で、その野沢菜を塩漬けにしたものです。程よい酸味と塩味がします。

(静岡)わさび漬

わさびの葉、茎、根を刻んで、酒粕に漬けたものです。わさびの辛さと酒粕の甘味の味がします。

(富山、石川)かぶら寿し

塩漬けした野菜のかぶらに切り込みを入れ、塩漬けしたブリやにんじんなどを切れ込みに入れ、米麹で発酵させたものです。寿司とは違い、酢飯の上にネタが乗っているわけではないです。独特のコクや発酵による米の香りがします。

(岐阜)赤かぶ漬

飛騨高山の伝統野菜の赤かぶを塩漬けし、赤色がはっきりした特徴があります。発酵による旨みとほのかな酸味がします。

(愛知)守口漬

伝統野菜の長い守口大根を塩漬けし、さらに酒粕とみりんなどで漬けたものです。酒粕の甘味がより一層強くします。

(滋賀)日野菜漬

かぶの仲間ですが、長さが30㎝程度ある伝統野菜の日野菜を葉も丸ごと塩漬けし、さらに酢漬けしたもので、カブのピンク色が特徴です。辛味と苦みをほど良く含んだ味がします。

(京都)しば漬、千枚漬け

しば漬は茄子やきゅうりを刻み、赤しその葉を加えてから、塩漬けしたもので、赤しその赤色が全体に広がっているのが特徴です。
酸味が強い味がします。千枚漬けは京野菜の聖護院かぶを薄く切り、昆布、唐辛子と酢漬けにしたもので、樽に漬け込む枚数が千枚以上になるのが特徴です。昆布のうま味と辛子の辛味、酸味の味がします。

(奈良)奈良漬

白うり、きゅうりなどの野菜を塩漬けにし、何度も新しい酒粕に漬け替えながらできた漬物である。酒粕の風味を口いっぱいに感じる味です。

(和歌山)紀州梅干

塩で漬けこみ、天日干しているのが特徴です。紀州梅干は粒が大きいのが特徴で、ふっくらしたとろける食感のあります。ほんのり甘みがあり、食べていくにつれ、酸味を感じます。

(広島)広島菜漬

広島菜はは野菜で、その広島菜を塩漬けしたものです。少し苦みがあるものの、クセがない味です。

(愛媛)緋の蕪漬

赤かぶの緋の蕪を塩漬けし、ダイダイ酢に漬けたもので、緋色に発色しているのが特徴です。ダイダイ酢の香りと甘酸っぱい味がします。

(福岡)高菜漬

カラシナの一種の葉野菜の高菜を塩漬けにしたものです。熊本の阿蘇高菜も有名です。辛味があるのが特徴です。

(鹿児島)山川漬

干した大根を塩漬けにしたもので、大きな壺に入れて付けるのが特徴です。大根のこりこりした食感と風味がします。

(沖縄)パパイヤ漬

完熟していない青いパパイアを塩漬けし、味噌や醤油などで味付けしたものです。こりこりした食感とあっさりとした味がします。

【まとめ】

漬物の種類はたくさんあるのが、分かりました。

特に地域ごとの漬物は、住んでいる地域から遠いと知らないものが多かったです。

漬物は塩分が多いので毎日食べていると血圧が気になりますが、月1回の21日には色々な漬物を楽しむのも良いですね。

特に漬物の日を祝う気持ちで地域特産の漬物をお取り寄せして、お祝いするのも楽しそうです。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.