記念日

育児の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

育児の日

育児の日という記念日があることをご存知でしょうか?

毎日子供のことで頭がいっぱいのママ。特に目が離せない乳幼児がいるママなんて、座ってお茶を飲んだりご飯を食べたりすることもままならないことも多いでしょう。

その上家事やパパのお世話など、こなさなければならないこともたくさん。それも気にしつつ、でもまずはこどものことを最優先にお世話していて本当に大変です。

最近ではイクメンと呼ばれるパパも増え、また社会でも育児休暇が取りやすくなって来た昨今。でもまだまだママの負担を軽くするまでにはなかなか至りません。

今回は毎日大変なママに送る記念日。育児の日について制定理由や育児に関する雑学をまとめてみました。

育児の日の制定理由

育児の日の制定理由

毎月12日は育児の日です。「育(いく=1)児(じ=2)」の語呂合わせから毎月12日が育児との日なっています。

制定理由は、社会全体で子育てについて考え、地域が一体になって子育てしやすい環境づくりに取り組むきっかけの日にと、兵庫県神戸市の株式会社神戸新聞社が制定しました。

関連記念日として11月19日いい育児の日があります。

こちらは全国13県の知事による「日本創生のための将来世代応援知事同盟」が制定しました。

家庭や家族を大切にするライフスタイルや、子どもの成長と子育てを社会全体で応援する機運を高めて、子育てを支える家庭や地域の大切さをアピールし、子育てのための行動を起こす日が制定理由です。

「いい(11)育(19)児」の語呂合わせから、11月19日がいい育児の日となっています。

同盟に参加しているのは、岩手県、宮城県、福島県、長野県、三重県、滋賀県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、高知県、宮崎県の13県です。

ちなみに毎月19日を育児の日と制定している自治体もあるようです。「い(1)く(9)じ」の語呂合わせから毎月19日を育児の日としているようです。

記念日協会に登録してある育児の日は毎月12日の方ですので、お間違えのないように。

子供を簡単に寝かしつける方法

子供を簡単に寝かしつける方法

子供がなかなか寝てくれない時ってありませんか。早く寝かせてお茶碗を洗ったり、洗濯したいと思っている時に限って寝てくれないものです。

でもある方法で簡単に寝かしつけることが出来るのです。

準備はティッシュ1枚で大丈夫です。ティッシュでまぶたを閉じるように上から下に顔を撫でてあげると気持ち良い顔の刺激によって子供が眠りに入りやすくなります。目隠し効果もあるので何回か続けているといつの間にか眠りに落ちています。

お母さんの鼻息の匂いは赤ちゃんがお腹にいた時と似た匂いがすることから、鼻息をかけてあげるとリラックスさせることができるので合わせてやってみると良いと思います。

子育てに関する雑学3選

子育てに関する雑学3選

1. 親が口を出しすぎると、子供はうそつきになる

親が口を出しすぎると、だんだんと慣れ始めいつしか言うことを聞かなくなる。親の顔色を見るようになりその場しのぎのうそをつくようになる。

2. 子供を怒るときは、自分を主語にして怒る

「普通はこうだよ」「他の子供はこうだよ」といったしかり方は子供が反抗しやすくなる。「そんなことするとお母さんは悲しいな」と自分を主語にして気持ちを伝えると、子供の心に響くのでとても有効的である。

3. 先生の評価が高い子供はつぶれやすい

先生の評価が高い子供は、先生好みのいい子である。大人の目を気にして他の人の価値観に合わせて生きている子供で、自分の価値観を持っていない。将来イエスマンとして評価は高いが、自主性にかける大人になる可能性が高い。

まとめ

育児の日には各市町村育児イベントを開催するなどとても前向きになってきました。地域のおばあちゃん、おじいちゃんが、子供、孫と一緒に参加できる催しを行ない子育て支援をしたりしています。

せっかく育児の日があるのですから、パパもたまには早く帰ってママの手伝いをしてあげる。育児の日だけはノー残業デーを作って子供と一緒の時間をつくるなど努力をしてみてはいかがでしょう。

少子高齢化が進む世の中子供を安心して育てる環境づくりに家庭でも取り組んでみてはどうでしょうか。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.