記念日

親父の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

親父

親父の日という記念日があることをご存知でしょうか?

父の日や母の日の他にも親父の日があるんですね。ちなみにおふくろの日はないそうです。親父の日だけがあるのも不思議な気はしますが…。

今回はそんな親父の日について触れると共におやじについての雑学も紹介していきたいと思います。

親父の日の由来

親父

8月20日は親父の日です。「0(オ)8(ヤ)2(ジ)0」の語呂合わせから親父の日と制定されました。大阪市に本社を置く株式会社トップコーチングスタジアムが制定しました。

株式会社トップコーチングスタジアムは、ファミリービジネスの事業継承、組織の世代交代を賢く進めるために、コーチ型親父塾を主宰し「コーチ型親父のすすめ」を提唱しています。

ちなみに父の日は「1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけで出来たと言われています。

雷おやじのおやじは親父ではない!?

エクレア

雷おやじとは雷を落とすかのように怒るおやじのことを示す言葉だと思っていましたが、実際は違うことをご存じだったでしょうか!?

雷おやじのおやじはなんと「大嵐」のことだったのです。大嵐を「おおやじ」と読み、「雷大嵐(かみなりおおやじ=おやじ)」が本来の使い方であるそうです。

ただしおやじの部分が大嵐というのは俗説とのこと。この部分は津波や女房など、他の恐い事柄に置き換えられて使われることが多いようです。

おやじ臭と加齢臭は違う!おやじ臭いの本当の意味!?

本

年を取るにつれて気になるのは体のニオイ。臭い男性は嫌われます。とくにおやじの匂いは独特なニオイが…。

「加齢臭」というやつです。加齢臭はノネナールという成分が主となり、青臭さと脂臭さを併せ持つ匂いです。匂いで例えるなら蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いがすると良く言われます。

一方ではおやじ臭いとか年寄り臭いとか言われたりもします。おやじ臭いもなんだか臭いイメージはしますが…。実のところ「加齢臭=おやじ臭」ではないのです。

加齢臭は実際に独特なニオイを発しています。しかし、おやじ臭は匂いだけでなく、見た目やイメージも含まれているのです。

おやじ臭とは、加齢臭・口臭・頭皮のニオイ・汗やワキのニオイ・足の裏やタバコの匂いなどさまざまな生活臭が混ざったニオイのことを言います。それに加えてだらしない体型や昔風な髪型、見た目などの視覚的な部分も影響しています。

他にも食後に爪楊枝で歯の汚れをとる。人前でも平気でゲップやおならをする。おしぼりで顔をふく。電話の声が大きい・くしゃみの音が大きいなどエチケットやマナー、モラルの低さを感じさせられるような行動が悪いイメージとして残り、結果としておやじ臭いイメージとなるわけです。

つまり匂いだけのクサイは加齢臭ですが、匂い+悪いイメージとなるとおやじ臭となるわけです。意外と匂いは臭くないのにイメージだけでおやじ臭いと決めつけられている人もいるかもしれませんね!

おやじ臭対策として、人に不快な思いをさせない清潔感のある身なりをし、エチケット、マナーに反しない品のある行動をするだけでイメージはガラリと変わります。

加齢臭対策も大事ですが、おやじ臭対策を心掛けることの方が40代以上の男性にとって必要なのかもしれません。

オヤジ臭と加齢臭は違う!?オヤジくささの意外な正体。

まとめ

今回は、親父の日についてまとめてみました。

お父さんは毎日頑張っています。家族の為に汗水流して一生懸命働いています。

8月20日はちょうど子供も夏休みです。その日は可能であればお父さんの職場に行って頑張っている姿を目にしてみてはいかがでしょう。いつもと違うお父さんの姿を見ると子供の見方も変わるかもしれません。

また、頑張っているお父さんにこの日だけは優しく接してあげてください。

「毎日ありがとう」の感謝の気持ちを心に持って…。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.