記念日

桑の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

投稿日:

桑の実の写真

9月8日は「桑の日」ですが、由来は語呂合わせから来ています。

桑のは「蚕(かいこ)」のエサとして有名でシルク(絹)の原料になります。

桑のは「ラズベリー」のように小さな粒が集まった果実で、体に良い成分を含んでいて、健康にも美容にも効果が期待できます。

今回は、「桑の実」と「桑の葉」などについて紹介します。

桑の日

桑の木の写真

桑の木

桑の日9月8日です。由来は語呂合わせだとパッと分かります。

桑の葉といえば、シルクを作る蚕のエサや青汁の材料に追加されている物ですね。

桑の実は子供の時にラズベリーのような黒い実を取って食べたことがある人もいるのではないでしょうか?

健康に良さそうなイメージではありますが、本当に健康に良い効果があるのかを紹介します。

桑の日の由来

記念日の花火の写真

記念日の花火

桑の日語呂合わせが由来です。

桑なので、く(9)わ(8)の語呂合わせができ、9月8日に制定されました。

福岡県八女市の桑商品を取り扱っているお茶村という会社が日本記念日協会に申請し、制定されました。

桑の栄養や効果、歴史を普及し、桑に感謝するために記念日となりました。

桑とは何?植物?

マルベリー・パイの写真

マルベリー・パイ

はクワ属の植物で、桑やまぐわ、マルベリーなどと呼ぶ人もいます。

木の枝部分に葉の周りの部分がギザギザしたハート形や楕円形の緑色の葉が茂っています。

冬に葉が落ち、春に葉が新しく茂ります。

桑の実やマルベリーと呼ばれるラズベリーのような実が付きます。

桑の歴史は古く、1211年に禅僧栄西が書いた喫茶養生記に、茶と桑の薬用効能について載っていたことからもお茶として桑が古くから利用されていたことが分かります。

庭木として桑を植えている人も居られるのではないでしょうか?

桑の実の栄養とその効果は?

桑の実の写真

桑の実

桑の実は流通が少ないので、国が発行している日本食品成分表には記載がありません。

企業が調べた物では、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ポリフェノール、アントシアンが多いとされています。

これらの栄養素により免疫力が高くなり、疲労が回復し、浮腫みを改善し、血流を良くするため、体温を上昇させ、全身状態が良くなることで昔から漢方として利用されていたのが分かります。

美容面では、美肌効果アンチエイジング効果が期待できるため、スーパーフードとして注目されるのが分かります。

食べ方としては、桑の実をそのまま食べる場合やドライフルーツにして食べる場合、ジャムにする場合があります。

通販で購入することができます。

桑の葉の栄養とその効果は?

桑の葉の写真

桑の葉

桑の葉も流通が少ないので、国が発行している日本食品成分表には記載がありません。

企業が調べた物では、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、食物繊維、デオキシノジリマイシンが多いとされています。

桑の実と同じ栄養素があり、免疫力が高くなり、疲労が回復し、浮腫みを改善し、血流を良くするため体温を上昇させ、全身状態が良くなるのは同じですね。

美容面でも便秘解消し、美肌効果アンチエイジング効果が期待できます。

大きな違いとしては血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果です。

食後に血糖値は急激に上昇し、血管に負担をかけ、使いきれないと脂肪に変えられます。

病名としては糖尿病動脈硬化などの病気を予防する効果が期待できます。

昔は漢方で利用されていても医学が発達した現代では、あくまで予防的な効果なので、すでに病気になっている人は医師と相談が必要です。

桑の葉のお茶の作り方

桑の葉のお茶の写真

ハーブティー

収穫時期6~8月です。

1.桑の葉を取り、水洗いします。

2.蒸し器で1~2分程度、蒸します。

3.蒸したら、絞って、水気を取ります。

4.みじん切りにします。

5.天日干しに2~3日間します。

6.乾燥後は保存容器に乾燥材などを入れ、保存します。

飲むときは普通のお茶や紅茶を飲む方法で良いです。

乾燥させた桑の葉を急須などに入れ、お湯を入れ、蒸した後にコップに入れます。

市販品としてはドラックストアなどで取り扱われているので、桑の実より入手は簡単です。

まとめ

9月8日は桑の日です。

桑の葉にも桑の実にも全身状態を良くする効果美容に良い効果が期待できます。

桑の効果を知ると昔から桑の葉のお茶として飲まれてきている理由が分かります。

なかなか手に入りにくいイメージですが通販で桑の実も桑の葉のお茶も購入できます

特に桑の葉のお茶は年中、ドラッグストアなどで見つけることもできますので、飲んでみたいですね。

桑が家にある方は、6~8月頃に収穫をして、桑の葉茶にして、桑の日に飲んでみてはいかがですか?

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.