記念日

お月見どろぼうとは日本版ハロウィン!?由来や意味は?どんな風習?

投稿日:

月夜に魔女がほうきに乗って空を飛ぶ画像

お月見どろぼうという言葉をご存知でしょうか。どことなく可愛らしくも感じる響きですが、これはお月見のときに子供たちが行う風習のことです。

都市部ではあまり馴染みがないかもしれないお月見どろぼうですが、一部の地域では現在も続けられています。

現在のお月見どろぼうは、ハロウィンのような楽しい行事として残っています。どのような内容なのか、お月見どろぼうについて見ていきましょう。

お月見どろぼうとは

月

お月見どろぼうとは、十五夜(中秋の名月)の日に行われる風習で、主に子どもたちが行うものです。十五夜には各家庭で縁側や窓際に月見団子などをお供えしますが、この日は子供たちがお供えものを盗んでよいとされました。これがお月見どろぼうと呼ばれるもので、いまでも一部の地域に残っています。

かつて、子どもは月の使者だと考えられていました。そのため、子供に団子を盗まれるのは、むしろ縁起がよいこととして歓迎されていたようです。子供にとってもまた縁起が良いとされ、盗んだ団子を食べると長者になるなどと言い伝えられてきました。

十五夜の日、子供たちは棒の先に針などをつけた道具を使って、縁側のお団子を盗んでいました。子どもたちが盗みやすいように、見えやすい位置にお供え物を置く家も多いそうです。

お月見どろぼうの起源

お供え物を盗んで分け合う子どもたちの写真

お月見どろぼうの起源は、十五夜の日はほかの家の畑の芋を盗んで良いという昔の風習にあります。芋を盗まれた家は「お月様(神様)が持っていったのだろう」と捉え、芋を盗まれた畑は豊作になると考えられてきました。

日本では古来、月への信仰がつよく、盗まれた芋も、お月様へのお供えのような感覚で捉えられていたのですね。また、貧しい人に食糧を分け与える助け合いの精神や地域の結びつきに根ざした風習だったとも考えられます。

そのうちに、芋から団子へと盗むものが変化していきました。さらに、子供が月の使者と考えられていたこととも結びついて、子どもを中心とする風習へと変わっていったといわれています。

現在のお月見どろぼう

ハロウィンのお菓子の写真

ハロウィンのお菓子

お月見どろぼうは、現在では主に農村部に残っており、千葉県・愛知県・三重県・奈良県・茨城県・福島県・大分県などの一部地域で行われています。

昔は竿に針をつけた道具を使ったといいますが、今は子どもたちが各家庭を回り、玄関先などに置かれたお菓子を持っていく形をとることが多いです。大人は団子やすすきなどの定番のお供え物とは別に、子どもが好む駄菓子などを箱やカゴに用意します。それを玄関先などに置き、お月見どろぼうを歓迎するメッセージを書いた張り紙をしておきます。

子どもが勝手にお菓子をとっていくこともありますが、地域や家庭によっては手渡しをするところもあります。

家庭を回る際には、お月見どろぼうがやってきたことを知らせるため「お月見くださーい」「お月見どろぼうでーす」などと声がけをして回る地域もあります。「トリック・オア・トリート」と言って各家を回る、西洋のハロウィンに近い行事といえるかもしれません。

中京大学〜お月見どろぼう再び現る!〜

まとめ

お月見どろぼう十五夜の風習で、子どもがお供えの団子を盗んでよいというものでした。現代では、各家庭で子ども用のお菓子を用意しておくという形に変わりながら、お月見の楽しいイベントのひとつとして受け継がれています。

十五夜などの月見の行事は今も全国各地で行われていますが、お月見どろぼうの風習が残っている地域は、今ではめずらしいようです。人の流動が激しい現代では、近所の人と密に交流するお月見どろぼうの風習は成り立ちにくいのかもしれません。

しかし、ご近所付き合いが希薄になりがちな現代だからこそ、このような楽しい形で地域の交流ができるイベントは貴重かもしれません。機会があれば一度体験してみたい風習ですね。

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.