記念日

月うさぎの伝承の意味と餅つきの由来とは?日本以外の月の見え方は?

投稿日:

月見うさぎのシルエット画像

「うさぎうさぎ何見て跳ねる 十五夜お月様見て跳ねる」という歌詞に見られるように、日本では古くから、月にはうさぎが住むといわれてきました。

しかし、なぜうさぎが住むとされるのか、また、なぜ餅つきをするうさぎというイメージが定着しているのか、あらためて考えてみると興味深いですね。

今回はそんな月うさぎの伝承について解説したいと思います。

月うさぎの由来や意味

うさぎ

月うさぎの伝承の歴史

月にうさぎが住むと古来考えられてきたのは、月の模様がうさぎに見えるという視覚的な理由にあります。

そのような見方は日本だけでなく中国などのアジア各地域に共通しています。

日本で月のうさぎが描かれた例としては、飛鳥時代の『天寿国曼荼羅』が早い例として知られています。また、平安時代の説話集『今昔物語集』にも伝承が残っており、慈悲深い兎の行いに感じ入った帝釈天が兎を月にのぼらせたという話があります。説話のおおまかな内容は以下のようなものです。

あるとき、空腹で困っている老人に行きあったうさぎ・きつね・猿の三匹が、それぞれ老人のために食べ物を探します。しかし、うさぎだけは何もとってくることができず、火を炊いて自分の体を焼き、老人に差し出しました

実はこの老人は帝釈天が姿をかえたものであり、兎の善行を認めて、帝釈天は兎を月にのぼらせ、その姿を月の模様に残したのだということです。

このように、月のうさぎの伝承ははるか昔から言い伝えられてきたものでした。

なぜ月うさぎは餅をつくのか?

うさぎの模様の近くにある別の影が臼のように見えるとされ、日本では月のうさぎは餅つきをするうさぎだと考えられてきました。

もともとは中国の神話に由来し、中国では月のうさぎが杵で不老不死の薬をついているとされています。それが日本で餅つきに転じました。満月のことを「もちづき(望月)」と言ったことから、音の連想で「もちつき」になったとも言われます。

ところで、有名なかぐや姫の物語では、月に帰るかぐや姫が育ててくれた老夫婦に不老不死の薬を授けます。月で生まれたかぐや姫が不老不死の薬を持っていたのは、古代中国の月うさぎのイメージと同じ伝承に基づくのかもしれません。

世界での月の見方

月見

日本では月といえばうさぎを連想しますが、世界各国でさまざまな月の見方があります。いくつかの例として、まず動物系の見方をする地域をあげてみましょう。

韓国うさぎの餅つき

中国:不老不死の薬をつくっているうさぎ

モンゴル

インドワニ

南部アメリカワニ

東ヨーロッパロバ

南部アメリカの一部ロバ

南ヨーロッパカニ

アラビアライオン

アジアではうさぎという見方が広く確認できますが、ほかにもワニロバなどたくさんの伝承があります。

さらに、動物ではなく人間の顔を見てとる地域も意外とたくさんあります。

カナダ:バケツを運ぶ女性

北ヨーロッパ:本を読むおばあさん・氷をかつぐ男女

東ヨーロッパ女性の横顔

ドイツ:薪をかつぐ男女

東ヨーロッパの女性の横顔は、月の模様の影の部分(黒く陰ってみえる部分)ではなく、光って白く見える部分の形から考えているようです。同じ月を見ていても、見方や文化の違いによってさまざまなイメージが出てくることがわかります。

様々な月の呼称

月

ここでは、お月見にちなんで、季節や風情を表現する月の色々な呼び名についてご紹介いたします。

気象・天候による月の呼称

雨月雨の夜の月のことで、十五夜が雨で見えない状況にも使います。

薄月薄い雲のかかった月のことを言います。

無月:十五夜が曇り空で月が全く見えない状況のことを言います。

季節・季語

春月:春は、空気中の水分が増し、月が潤んだように見えます

夏月:月の光が地上を白く照らしている様子が涼しく感じられますが、夏は夜が明けるのが早く月の照らす時間は短く、夏の月には儚さを感じます

秋月:十五夜や十三夜という風習があるように一年のうちで、月がとても綺麗に見えます

冬月:突き刺すような寒さのある冬には、月も冷たさがあり、冴えて寒々しい印象があります

おぼろ月かすんだ光の淡い月のことです。

時間によって見える月

たそがれ月黄昏時の時間に見える月です。

残月夜が開けた空に残っている月のことです。

暁月暁の空に残っている月のことです。

おわりに

月にうさぎが住むという伝承は日本ではとても馴染みが深く、『美少女戦士セーラームーン』シリーズなどのように、最近のフィクション作品でも月のうさぎがモチーフになったキャラクターが登場する例があります。その源を紐解いてみると飛鳥時代まで遡れるということで、月といえばうさぎというイメージは1000年以上前から日本人の感性に根付いていたことがわかりました。

月の模様が本当にうさぎに見えるのか、子供のころにまじまじと月を見てみた人は多いのではないでしょうか。言われてみればうさぎのような、そうでもないような・・・。うさぎだけではなく、世界の国々では月の模様からいろいろなものが想像されているので、ぜひ一度ゆっくり空を見上げて、月の模様が何に見えるか考えてみてください。

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.