お祭り

高円寺阿波おどり2019!日程や見所を簡単チェック!

投稿日:

高円寺阿波踊り

世界にその名をとどろかせ、全国各地で催される阿波踊り。

うち3大阿波踊りのひとつに数えられ、いまや本家を迫る勢い..ともいわれる東京随一の盆踊り。なぜ高円寺で阿波踊りなの?という、そもそもの逸話など、記事ではその由来やスケジュールなどについて、ご案内していきます。

高円寺阿波おどりの歴史・由来

歴史・由来

日本3大盆踊りの筆頭とされ、いまでは全国各地、さまざまなイベントで踊られている阿波踊り。発祥の地はいうまでもなく阿波、徳島県。その歴史は400年以上も前にさかのぼるとされます。

実際のところ、いつ頃からはじまったのか?は明らかになっていませんが、文献によると、戦国時代の終わりに徳島藩が成立して以降、特に盛んに踊られるようになったそうです。

徳島のお城が竣工した際、当時の領主であった蜂須賀の殿様が、城の完成祝いとして「好きに踊れ!」とお触れを出したことがはじまりだ!という説があります(諸説あり)。以降、江戸時代には踊りのあまりにもな熱狂ぶりに、一揆を誘発する可能性があると禁止になり、また戦時中も中止になったりしましたが、戦後復活。今にいたります。

正式名称「東京高円寺阿波おどり」は、1957年、当時、隣町の阿佐ヶ谷で開催されていた「阿佐ヶ谷七夕まつり」に対抗し、地元の商店街の青年部が町おこしとしてはじめました(第1回開催時の祭名称は「高円寺ばか踊り」)。

当初は阿波踊りというより、阿波踊り似た踊りを踊っていたのですが、都内在住の徳島県出身者から指導を受け本場仕込みの阿波踊りに。

1963年からは名前も現在の「東京高円寺阿波おどり」に改称され、いまでは毎年の来場者が100万人超と本家に迫る大規模ダンスイベントとして(2018年徳島阿波踊りの観客は108万人)、奇しくも同日開催される「浅草サンバカーニバル」とともに東京夏祭の双璧となっています。

高円寺阿波おどりの日程スケジュール

スケジュール見所

8月24日(土)25日(日)同一日程

・舞台公演(座・高円寺) 12:00~13:10 14:30~15:40

・舞台公演(セシオン杉並) 11:30~13:00 14:00~15:30

・本大会(練り歩き) 17:00~20:00

高円寺阿波おどり公式HP

高円寺阿波おどりの見所

うち見所はなんといっても、阿波踊りの圧倒的なパフォーマンス。その踊りには「流し踊り」と「舞台踊り」の2つがあります。「流し踊り」は踊りながら練り歩くスタイル。

高円寺駅、新高円寺駅を周回するように設けられた演舞場=中央演舞場、ひがし演舞場、純情演舞場、パル演舞場、桃園演舞場、みなみ演舞場、ルック第一演舞場、ルック第二演舞場の8カ所で楽しむことができます。

一方の「舞台踊り」とはステージ上で踊るもの。セシオン杉並、座・高円寺にて行われます。開催されるのは流し踊りが行われる前(午前中から昼にかけて)。

ご覧いただくにはチケットの購入が必要です。購入の具体的な方法は以下まで。

各種チケット情報

特別観覧席(お祭への協賛が条件)のご案内

ちなみに、高円寺阿波踊りには、本場同じく「連」と呼ばれる踊りのグループが存在し、そのグループごとに披露されます。

学生連、企業連などがあるのですが、これらは地元だけでなく都内、近郊各地からも多数参戦。総勢150連、1万人の踊り手が参加し、それぞれグループの意地がぶつかり、技を競い合う白熱の踊りをみることができます。

高円寺阿波おどりの会場・アクセス

会場周辺地図


会場
「高円寺駅」「新高円寺駅」駅周辺商店街及び高南通りの8演舞場

アクセス
JR中央線「高円寺駅」下車
東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」下車
いずれの演舞場も両駅から徒歩圏内

高円寺阿波おどり公式HP

まとめ

歴史・由来で書きましたが、あまりにも熱狂的なこの踊りは江戸時代、一揆に発展する可能性があると禁止になりました。

その時期、どうしても我慢できず、自宅で阿波踊りを踊ってしまった、とある家老が切腹命ぜられ、お家も断絶になってしまったそうです。なんとも残念なお話ですが、この踊りのスゴさを物語る逸話でもあります。

実際に本場、徳島でこの踊りに参加したことがあるのですが、さまざまな楽しみに満ちた現代の生活にどっぷりつかった自分としても、そのご家老の(踊りたくてたまらない)気持ちが、よくわかる...くらい熱狂しました。

こんな興奮に身を投じることができるのは大変ありがたいく、それこそ、くだんのご家老や、この踊りを継承しつづけていただいた人々の尽力によると感謝するところですが、さらに、この熱狂を都内で、しかも駅から徒歩で行ける場所で味わうことができるのです。素晴らしい。

個人的には一生に一度は本場の阿波踊りを味わっていただきたいのですが、そうはいってもお忙しいあなた!

今年は、本場にも見劣りしない、新宿からひと駅で行ける踊りの祭典にでかけてみてはいかがでしょう。

-お祭り

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.