記念日

十三夜とはいつ?読み方や意味は?満月にはならない?片見月とは?

投稿日:

ハーフムーンの写真

月見の行事といえば十五夜が真っ先に思いつきますが、十五夜の後にくる十三夜も、伝統的に月見の日とされてきました。現在はやや廃れてしまった感があるものの、十三夜の風習は現在にも伝わっています。

明るい満月のイメージがある十五夜とは少し異なる趣がある十三夜。その歴史習慣を知り、秋の月見を一層楽しみましょう。

十三夜の歴史や由来

月

十三夜旧暦9月13日のことで、満月よりもやや欠けた月を愛でる月見の習慣が古くからありました。旧暦8月15日の十五夜よりも一か月ほど後であるため、十三夜は「後の月」とも呼ばれます。

旧暦と新暦の違いのため、十三夜にあたる日は毎年異なりますが、2019年の十三夜は10月11日です。秋真っ盛りの十五夜よりもやや遅く、冬の到来を感じさせる肌寒い季節、凛と澄んだ美しい月が夜空に浮かびます。

旧暦9月13日は秋の収穫の最中であり、特に栗や豆が収穫される時期であることから、十三夜は「栗名月」「豆名月」とも呼ばれます。十五夜と同じく秋の収穫を祝い感謝するために月見の行事を行う日であり、919年に宮中で十三夜の観月の宴が行われたのがはじまりだったとされますが、起源については諸説あります。

十三夜は満月ではない

月

十五夜は満月または満月にほぼ近い月を観賞する日ですが、十三夜は実は満月の日ではありません。だいたい8割程度月が満ちた時期にあたり、晩秋の空気とあいまってどこか寂しさを感じさせるような少し欠けた月が夜を照らします。

五千円札で有名な樋口一葉の代表作に「十三夜」という小説があります。「十三夜」は、夫につらく当たられて離婚を考えた人妻が、親に説得されて泣く泣く婚家に帰っていくという、明治の女性の悲哀を描いた小説です。

その帰りの道中、ヒロインは幼馴染の男性とひとときの再会をし、彼との結婚を夢見ていた昔を回顧します。しかしもはや叶わぬ恋とあきらめて、二人は十三夜の月が照らす夜の道を別々の方向へと帰っていくのです。その淋しい背中を照らすのが十五夜の満月ではなく、少し陰りを感じさせる十三夜であるというのが、二人の切ない心情に絶妙にマッチしていますね。

天文学的には新月から満月を迎えるまでの日数は最短でも13.8日かかり、新月が1日の午前0時ピッタリに訪れたとしても、満月になるのは少なくとも13日と19.2時間後である14日の午後の夜7時頃であり、十三夜と満月は重なることはないのです。

片見月とは

月

今は月見といえば十五夜という感覚が強いですが、昔は十五夜と十三夜セットで月見をするものと考えられていました。いまでもそのような風習を残している地域や家庭があります。

昔はその片方だけに月見をしてもう片方を忘れるのは縁起が悪いとして、それを「片見月」と言いました。

片見月」の発祥は十五夜に来た客をもう一度来させようとした吉原遊郭の客寄せにあったなど、俗っぽい説が色々とありますが、発祥はどうであれ、民間に広く根付いたのは庶民の信仰心の賜物だといえるでしょう。

十三夜の食べ物・お供え物といえば?

すすきの写真

すすき

十五夜と同じく、十三夜のお供え物の代表格も月見団子です。ただし、十五夜が15個(もしくは12個)の団子を供えるとされるのに対して、十三夜は名前にちなんで13個お供えするのがよいとされます。

すすきなどの秋の草花を一緒にお供えするというのも、十五夜と共通です。

また、「栗名月」「豆名月」と呼ばれる十三夜には、栗や豆を使った料理をお供えし食します。栗ご飯や枝豆などが代表的ですが、栗や豆だけでなく、秋の味覚を色々と添えてお供えとするのも良いでしょう。

十五夜と十三夜の違い

平安時代の建物の写真

平安時代の建物

十五夜と十三夜の違いは、ほぼ満月に近い十五夜とやや欠けた月である十三夜という違いもさることながら、発祥に大きな違いが見て取れます。

十五夜はもともと中国の月見の行事が日本に伝わったものですが、十三夜に月見をするという風習は中国にはありません。はっきりとしたはじまりはわかっていないものの、十三夜は、平安時代ごろに日本独自の風習として誕生したようです。

簡単にまとめておきます。

十五夜中国から伝わった風習で十三夜日本固有の風習

十五夜の夜空は雲に隠れることが多いが、十三夜は晴れることが多い。

・お供え物の団子の数が、十五夜15個十三夜は13個

十五夜の月は満月(じゃないこともあります)、十三夜は欠けている

十五夜芋名月とも言われ、十三夜は栗名月、豆名月と言われる。

まとめ

十三夜旧暦9月13日のことで、伝統的に月見の行事が行われてきました。十五夜とは異なり若干欠けた月を楽しむ十三夜の風習は、日本独特の文化として趣深いものです。

今では十三夜に月見をする習慣はあまりメジャーではありませんが、秋は古来もっとも月が美しいとされる季節です。秋の盛りの十五夜に秋の終りに近い十三夜の月も加えて、秋の月の色々な趣を楽しんではいかがでしょうか。

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.