記念日

十五夜に月を愛でる意味とは?2019年はいつ?食べ物やお供え物は?

投稿日:

月

毎月一度は訪れる満月の日ですが、中でも月がきれいとされ、月見の風習が残るのが秋の十五夜です。しかし十五夜はいつなのかと尋ねられると、ぱっと答えられない人が多いのではないでしょうか。

それもそのはず、十五夜は年ごとに日にちが大きく変わるので、正確に日付を把握するのが意外と難しいのです。

せっかくですので、今年の十五夜がいつなのか、そしてなぜその日が十五夜にあたるのかを知って、美しい満月を堪能しましょう。

十五夜・中秋の名月の歴史と由来

月

十五夜中秋の名月とも呼ばれます。「中秋」とは秋の真ん中という意味で、旧暦の秋にあたる7月・8月・9月の3ヶ月のちょうど真ん中の日=8月15日を指します。なお、「仲秋」という表記は8月のことを指すので、「仲秋の名月」と書くと満月に限らず8月のあいだのすべての月を指すことになります。そのため、十五夜の月を表記するには一般的に「中秋」を使います。

現在の新暦(グレゴリオ暦)と旧暦のずれから、旧暦8月15日に相当する日付は毎年変動します。

日本では縄文時代ごろには既に月を特別なものとして愛でる風習があったと言われていますが、十五夜に月見の行事を行うようになったのは平安時代のことです。宮中での月見の宴の記録としては、897年のものが最も早いものとして残っています。

平安貴族は月を観ながら詩歌管弦を楽しむ宴を開いていたようです。月見の宴の際に詠まれた和歌・漢詩もいくつか今に伝わっていますが、空の月だけでなく、池に映った月盃の酒に映った月を詠んだものも多く、昔の人の美的感覚が伝わってきます

江戸時代になると月見の風習が庶民にも広がり、単なる観月の行事としてではなく、秋の収穫を祝う日として定着しました。月に団子やすすきを供える現在の十五夜の月見は、このころに庶民の間でできたものが源流になっています。庶民の間でも、月は豊穣をもたらすものとして信仰の対象になっていたことがわかります。

(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E8%A6%8B

十五夜の食べ物・お供え物といえば?

月見

十五夜の月見の際に欠かせないのが、月に対してのお供え物です。代表的なのは月見団子すすきですが、それぞれのお供えの仕方由来をご存知でしょうか。

月見団子

月見団子は月に見立てて丸めた団子で、穀類の収穫に対する感謝をこめたものとしてお供えされます。

実はお供えの団子の数にもきまりがあるとされ、年間の満月の数(12個、閏年は13個)、または十五夜にちなんで15個を供えるとするのが代表的です。

その他の食べ物

十五夜は「芋名月」ともいい、もともと、作物の中でも特に芋類の収穫を祝う行事でした。そのため、里芋さつまいもなどをお供えすることもあります。

こうして見ると、穀物の収穫を感謝するために米からできた月見団子を供えるのと同様に、月見のお供えものというのはその年収穫できた作物の一部をお月様に捧げる、という形のようです。

そのため、月見団子や芋に限らず、その年の秋に取れた果物・野菜を、感謝の意を表してお供えしてもよいでしょう。お供えものは、供えてからしばらく経ったら、調理して美味しくいただきます

すすき

食べ物と一緒によく月見のときに飾られているすすきですが、これはすすき神様の依代や魔除けとして考えられていたことに由来します。

お供えの食べ物とすすきは、窓辺や縁側など月を見る場所に飾ります。小さなテーブルなどを月見台にしてその上に飾ると、さらに雰囲気が出ます。

(参考:https://allabout.co.jp/gm/gc/220680/

なぜ十五夜と満月が一致しないのか

月

十五夜といえば満月、と思いがちですが、現在の十五夜が満月になることは意外と稀で、数日分のずれがあることがほとんどです。

十五夜旧暦8月15日ですが、昔の人は新月(旧暦の毎月1日)を基準にして15日目が満月であると考えていました。しかし、天文学的に厳密に見ると、新月からぴったり15日目が満月になることはあまりなく、満月における月齢は13.8から15.8の間で変動しますので、必ずしも15日に満月が訪れるとは限らないのです。

簡単な例で考えてみましょう。

まず、新月が1日の正午12時に訪れるとします。

すると満月の月齢の平均が14.8ですので、単純に考えると、14日と19.2時間後、つまり、16日の朝7時頃に満月を迎えることになり、この例でも満月と十五夜は一致しません

もう一つ、超早い場合も考えてみましょう。

まず、新月が1日の午前0時に訪れるとします。

すると、満月の月齢の最速が13.8ですので、単純に考えると、13日と19.2時間後、つまり、14日の夜7時頃に満月を迎えることになり、この例だと十五夜の前日に満月を迎えることになります。

このケースは非常にレアで、次に訪れるのは2127年だそうです。

ちなみに、月齢とは、新月の瞬間からの経過時間を日を単位として表したものです。

満月の月齢がこのように変動してしまう背景には、月の速さが一定ではないことに起因しています。

それは、月が地球の周りを周回する軌道が楕円型であるため、地球に近くなったり遠くなったすることにより、速度が微妙に変化するからです。

そのため、新月から満月になるまでのスピードが遅いと満月よりも前に、中秋の名月を迎えてしまいます。

この元々の原因は万有引力と遠心力の関係にあります。

なお、次に十五夜が満月と重なるのは、2021年9月21日です。2019年から5年間の間に満月と重なるのはこの1回だけなので、どれだけレアなのかがわかります。

なぜ十五夜は年によって日にちがずれるのか

カレンダーの写真

カレンダー

それでは、今年の十五夜はいつでしょうか。2019年の十五夜は9月13日です。

十五夜は旧暦を基準に日にちを決めているものなので、いまの新暦で数えると毎年日にちにずれが出てしまいます。現在は9月23日の秋分を挟んで1ヶ月のあいだのどこかに旧暦8月15日が相当するようになっており、9月のこともあれば10月に入ることもあります

2019年から先の十五夜の日付は以下のとおりです。

  • 2019年の中秋の名月は、9月13日
  • 2020年の中秋の名月は、10月1日
  • 2021年の中秋の名月は、9月21日
  • 2022年の中秋の名月は、9月10日
  • 2023年の中秋の名月は、9月29日
  • 2024年の中秋の名月は、9月17日
  • 2025年の中秋の名月は、10月6日

このように並べてみると、思っていた以上に毎年の日付にちがいがあることに驚くのではないでしょうか。

十五夜にちなんだ風習とは

ジャガイモの団子の写真

ジャガイモの団子

このお団子に関係することとして、「お月見どろぼう」という風習があります。

これは、十五夜の夜だけは子供達がよその家に入りお供えされているお団子を盗んで良いというもので、竿状の棒の先に針金などをつけ、お団子をうまく引っ掛けて盗むというもの。

地域によって、「だんご突き」や「だんご盗み」、「だんご差し」など呼び名が違ってきます。

この風習は元々「片足御免」という風習が起源とされています。

月の光が明るい十五夜の夜だけ、よその畑から里芋を盗んでも良いというもので、盗む際は道から片足のみ畑に踏み入れたところまでという決まりでした。

そのほか、十五夜の夜にだけタスキで結わえられる分だけ盗んでよしという「襷(たすき)一ばい」という片足御免に似たような風習があるようです。

現在のお月見どろぼうは、子供達が「お月見ください」と各家庭にきちんと声をかけ訪れ、お供えのお菓子をいただくというやり方になっています。

また、芋類や野菜、果物をお供えすることも多く、十五夜は別名「芋名月」とも言われます。

皮ごと蒸し、きぬかつぎ(里芋を蒸し、塩や醤油をつける食べ物)にしたりします。

秋の果物、葡萄はツルにとても良い意味があります

「月と人との繋がりが強くなる」という、なんとも縁起の良い果物ですね。

そして、あきのななくさのひとつでもあるススキは、中秋の名月の時期には稲刈り前であるために、代わりにススキの穂を稲に見たて飾ります

このススキは、月の依代(神霊がより付くもの)として役割を果たします。

また、魔除けとしても効果があり、中秋の名月には田や自宅前にさして魔除けと豊穣を祈願します

まとめ

中秋の名月とも言われる十五夜は、秋の真ん中にあたる旧暦8月15日のことで、団子やすすきを供えて月見の行事を行います。平安時代以来貴族や庶民の間で親しまれてきた月見の行事ですが、実は満月ではないことが多いというのは意外ですね。

ご紹介したように十五夜の日付は毎年ばらばらなので、せっかくの楽しい月見の日を逃してしまわないよう、毎年まめにチェックする必要がありそうです。収穫の秋の美味しい作物といっしょに、きれいな月を楽しんでください。

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.