記念日

十五夜が満月とは限らない理由とは?次に満月と重なるのはいつ?

投稿日:

満月の写真

何気なく夜空を見上げた時、大きい月が目に入ると、妙に興奮したりしませんか。

特にそれが、満月だと、私はすごく得をしたような気持ちがして、嬉しくなってしまいます。

なにせ毎月1回のペースでしか観られないものですからね。

特に、私は星空観察とかに興味はないのですが、なぜか巨大な満月だけは、見ると気分が高揚する、不思議なものです。

そんな満月について、「見たことはあるし、名前が満月だということは知っているけど、他にはよく知らないことも多いなぁ・・・・」なんて思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事を通じてその満月について、色々と解説していこうと思います!

十五夜にお月見をする意味や由来

月に感謝する少女の写真

月に感謝する少女

十五夜は「中秋の名月」とも呼ばれます。

なんとなく、その字面からイメージできると思いますが、「秋の真ん中ころに出る月」という意味で、具体的には8月15日ごろのことを指します。

ここで、「8月15日は夏真っ盛りじゃないの??」と思った方もいるでしょう。

実は、旧暦では春夏秋冬はそれぞれ、1~3月、4~6月、7~9月、10~12月というように定められていたのですね。

そのため、8月15日頃が「秋の真ん中ころ」ということで、中秋の名月と呼ばれるようになったのです。

しかし、現在使われている新暦では、9月7日から10月8日の間で、満月が出る日が十五夜とされています。

そんな十五夜は、多くの人々がお月見を楽しみ日でもあります。

十五夜の歴史は古く、縄文時代から月を愛でる風習があったとか。古くは、いわゆる上級貴族の間でしかその習慣はなかったのですが、江戸時代にもなると庶民にも浸透してきたといいます。

ちょうど、十五夜の頃というのは、当時の貴重な食糧源であった稲がよく育ち、収穫を間もなく迎えるという時期です。

無事に収穫できる喜びを分かち合い、その日を迎えられたことを月に感謝するという意味合いがあるそうです。

十五夜と満月が一致しないことの方が多い(十五夜よりも早く・遅く満月を迎える)理由

月の満ち欠けの画像

月の満ち欠け

新暦では十五夜満月が出る日とされていると説明しましたが、実はこれも建前で、実際には十五夜と満月が一致しないことが多いのです。

というより、基本的に一致していないというのが正しいかもしれません。

例えば、今年(2019年)で言えば、十五夜は9月14日ですが、満月の日は9月13日です。

そのずれが生じてしまう理由について、説明いたします!

月の満ち欠けを基準にしている旧暦は、1か月の長さ29日もしくは30日と規定しています。

一方で、月の満ち欠けの周期は人間の作り出した都合に合わせて柔軟に期間が変わるわけもなく、29.5日となっています。

厳密に月の満ち欠けで1か月を測定すると、毎月29.5日間という非常に中途半端なことになってしまいます。

そのため、旧暦では月によって1か月の長さを29日としたり、30日としたりすることで、人間の生活が不便にならないように調節しているのですね。

この0.5日のずれの影響で、新月から満月を迎えるまでの日数が14~16日と幅が出てしまい、その結果十五夜と満月の日が一致しないという状況が生じるのです。

しかし、当然ですが、十五夜と満月の日が一致する場合もあります

十五夜が満月になるのは次はいつ?

街の夜空に満月の写真

街の夜空に満月

次に十五夜が満月となるのは、2021年9月21日と言われています。

再来年なので、もうすぐですね!

ちなみに、この時期というのは台風シーズンであり、なかなか満月をタイミングよく見られないということもよくあります。

せっかくの満月の十五夜ですから、素晴らしい星空のもとで、みんなで月見を楽しめるような一日になると良いですね。

そのためにも、国民の皆様の日ごろの行いが大切になるかもしれません。

この日をよき日として迎えられるよう、一日一善の精神で暮らしていきたいものですね。

まとめ

この記事では、十五夜お月見をする意味や由来十五夜と満月が一致しないことの方が多い(十五夜よりも早く・遅く満月を迎える)理由、十五夜が満月になるのは次はいつなのかについて説明しました。

十五夜=満月というイメージを持たれている方も多かったと思いますが、実はそうではないことの方が多いというのは意外でしたね。

「旧暦とか新暦とかごちゃごちゃにするとややこしくなるから、もう満月が出ると分かっている日を十五夜にしてしまえばいいのでは・・・」とか素人ながらに考えてしまいますが、様々な事情から、そういうわけにもいかないのでしょう。

しかし、再来年は十五夜に満月を楽しめるということで、楽しみが広がりました!

もちろん、十五夜と満月がズレているのだとしても、満月を見られた日にはなんだか嬉しくなるものですし、十五夜も一年に一回の大切な日として迎えていきたいなと感じています。

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.