お祭り

郡上おどり2019!日程や見所を簡単チェック!

投稿日:

郡上おどり

日本三大盆踊りのひとつにも数えられる伝統的な盆踊り。

全国から30万の人々が集い徹夜で踊りあかす...という凄まじいお祭。

記事では、誰もが『名前だけは』知っている郡上(ぐじょう)おどりってどんな踊りなの?といった疑問や、見所についてご案内していきます。

由来・歴史

郡上おどり

郡上踊り」の原形は、中世に近畿地方で流行した「念仏踊り」。

この踊りは念仏を唱えながら踊る日本の伝統芸能ですが、もともとのはじまりは平安時代にさかのぼります。

天満宮で有名な菅原道真が讃岐の国司だった時代(中央政府で栄達する前)、その地で道真がおこなった「雨乞いの踊り」と、翌年以降、その感謝を込めて村人が踊ったのが起原で、平安時代の終わりに浄土宗の開祖、法然上人が踊りのながら念仏を唱えはじめたことで「念仏踊り」となったそうです(諸説あり)。

その後、鎌倉時代に時宗の開祖として、有名な一遍上人によって、全国に広められました。

そのひとつが「郡上踊り」であり、他に香川県旧緑南町の「滝宮の念仏踊り」、長野県伊那の「和合念仏踊り」京都の「六斎念仏」などが有名です。

郡上踊りは、江戸時代、郡上藩の藩主が領民親睦のため、奨励したことにより広く開催され、またた江戸時代後期になると開催時期が、7月16日の天王祭り(八坂神社)、8月1日の三十番神祭(大乗寺)、8月7日の弁天七夕祭り(洞泉寺)、8月14日〜16日の盂蘭盆会、8月24日の枡形地蔵祭り(枡形町)に定まりました。

明治以降、神仏分離政策の影響や戦争による中断などがあったものの、戦後復活。東京(青山)、名古屋(円頓寺)など全国で「郡上踊り」関連の祭があるほか、海外公演もなどもおこなわれ、1991年には郡上おどり400年を記念した全国盆踊りフェスティバルなどが催されました。

スケジュール

2019年7月13日(土)~9月7日(土)
31夜連続開催
うち8月13日~16日の4日間は徹夜踊り

徹夜踊り以外の踊り開催は
平日・日曜日20:00~22:30
土曜日 ~23:00

7月13日(土) 旧庁舎記念館前​おどり発祥祭(おどり流し:19:30~)

8月1日(木)本町 大乗寺三十番神祭(小中学生おどり発表会 19:00~)

8月7日(水) 本町​ 洞泉寺弁天七夕祭(郡上八幡城下町花火大会 <予定>)

8月10日(土) 新栄町​恵比須祭(※個人おどりコンクール 20:00~)

8月11日(日) 下日吉町​秋葉祭・嵐璃橘之丞慰霊祭

8月13日(火) 新町~橋本町​盂蘭盆会 20:00~翌朝4:00

8月14日(水) 新町~橋本町​盂蘭盆会 20:00~翌朝5:00

8月15日(木) 橋本町~新町​盂蘭盆会 20:00~翌朝5:00

8月16日(金) 本町​盂蘭盆会 20:00~翌朝4:00

8月19日(月) 立町​日吉神社祖霊祭(※団体おどりコンクール 午後7時30分~)

8月31日(土) 新町​商工祭(おどり変装コンクール 20:00~)

9月7日(土) 新町~今町​おどり納め(屋形おくり提灯行列:23:00~)

※2018年のスケジュールを参考にしましたので、2019年の詳細は以下でご確認下さい。

郡上おどりの会場と日程

見所

以上、スケジュールのうち、見所はなんといっても、8月13日から15日に開催される徹夜踊り。

そして、この祭をもっとも楽しむ方法は、徹夜踊りにかぎらず、とにかくお祭り期間中郡上を訪れ、地元の方々と一緒に「郡上おどり」を踊ることです。

「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる」の歌詞にあわあせて踊られる踊りは、由来のところでご案内したとおり、そもそも当時の城主の奨励によりはじまり、厳しい身分制度の融合をはかるため、特に、お盆の4日間は身分の隔てなく無礼講で踊られていました。

それが郡上おどりが「見る踊り」ではなく、「参加する踊り」といわれている、ゆえんであり、実際、観光客の方々も地元のヒト美値と一緒になって踊るという雰囲気があります。

ちなみに郡上踊りは、全部で、10種類ほどあるのですが(各地区に伝わる踊りを集めたためだといわれています)もっとも代表的なのが上の動画で紹介した「かわさき」です。

踊りをされる方のいでたちは特に制約はなくTシャツ半パンでも問題ありませんが、400年の歴史がある「参加する」お祭りをより深く味わうには、ぜひ浴衣をおめしになってください。

もちろん宿泊して、お宿の浴衣というのもアリ。以下に関連情報をご案内します。

「城下町プラザ」:岐阜県郡上市八幡町殿町69

更衣室あり(お着替え。お直しできます)
浴衣の着付けをお願いできる(徹夜踊り期間中のみ)

代金:1000円~1500円(2016年)

着付けのご予約・当日のお問い合わせ
TEL 080-2660-5704(17:00~19:30)

着付けのご予約・当日のお問い合わせ
TEL 080-2660-5704(17:00~19:30)

他、呉服店等一部店舗では、浴衣のレンタル(もちろん購入も可能)をおこなっています。

石山呉服店HP

会場・アクセス

岐阜県郡上市八幡町市街地一帯

郡上八幡観光協会HP

電車
長良川鉄道「郡上八幡駅」から徒歩25分
または「まめバス」で20分

長良川鉄道HP


東海北陸自動車道「郡上八幡インターチェンジ」から約10分

バス
岐阜バス高速八幡線「城下町プラザ」下車

岐阜高速バスHP

まとめ

見所で、ご紹介した「かわさき」の歌詞「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる....」にあるとおり、雨天決行のイベント。

その熱気は時代をまた年齢、性別といった人々の隔たりをを越え、天候なんて気にしないくらい熱く、真夏のど真ん中に数十万人の人々と、踊りとを通じて味わう一体感というのは、想像を絶するものでしょう。

個人的には、毎年この時期、東京大阪で開催されている夏フェス(音楽イベント)の東京会場にいっているのですが、今年は大坂会場からの郡上八幡もアリだな...と画策しています。

皆さんもぜひ、世界でもっとも熱い「踊る」盆踊りを体験しに、夏の郡上八幡へお越しください。

-お祭り

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.