記念日

9月23日は万年筆の日!使い方や初心者おすすめブランドを紹介!

投稿日:

万年筆

皆さまは、お気に入りの万年筆は持っていますでしょうか。

近年、ペーパーレスの指向や、携帯電話の普及を理由に、中々文字を書く機会が無いという方もいらっしゃるかと思います。

ですが、万年筆は高級感のあるフォルムに魅力があり、書きやすさに特化したブランドも多く存在するためコレクターも多く、持っているだけで一種のステータスになる筆記用具です。

ビジネスシーンにピッタリで大切な書類にサインをする機会もありますので、一本は持っていて損はないかと思います。

父の日や誕生日にプレゼントとして選ばれる事も多く人気のある万年筆ですが、「万年筆の日」という記念日が存在します。

何月何日なのか、由来なども気になりますよね。

この記事では万年筆の日に関連して、万年筆についての豆知識や有名なブランドもご紹介していきますので、是非最後までご覧ください。

「万年筆の日」の由来や意味

万年筆

万年筆の特徴と言えば、特徴的なペン先の形状と高級感のあるデザイン性ですよね。

万年筆とは、溝の入ったペン芯を通じてインクが持続的に出るような構造になっており、インクをペン軸の内部に保持できる理由は、毛細管現象によるものです。

毛細管現象によりペン先にインクが伝わり、字を書けるようにした携帯用ペンです。

さて、万年筆の記念日「万年筆の日」ですが、日付は「9月23日」に制定されています。

制定された由来は、1809年9月23日にイギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが、金属製の軸の中にインクを貯蔵できる筆記具を考案し、特許を取得した日なので9月23日が「万年筆の日」に定められました。

万年筆は1960年代頃までは、手紙やハガキ、公文書などの改ざん出来ない重要な文書を書くための筆記具として広く流通していました。

しかしボールペンが世に出回ってからは、手軽さ価格の観点から徐々に使用者が減っていき、1970年代には公文書へのボールペンの使用が可能になったことが更に拍車をかけ、あまり利用されなくなってしまいました。

ですが、現在は万年筆の独自性や希少性が見直されており、高級文具として愛される存在になっています。

文字は重要な表現法の1つですので、文字を書ける筆記具は後世に渡って繋げていくべき大切な文明ですね。

万年筆という名前の由来

万年筆とインク

様々なシーンで利用される万年筆ですが、万年筆の名前の由来はご存じでしょうか。

万年筆を敢えて区切ると、“万年”と“”に分けることができますが、どんな由来なのかご紹介します。

由来は諸説あるのですが、中でも有名なものをご紹介します。

フレデリックが万年筆の起源となる筆記具の特許を取得した1809年頃に、
万年筆は「fountain pen(泉のようにインクが流れるペン)」と呼ばれており、
日本で販売される際には「針先泉筆」と呼ばれるようになりました。
半永久的に溢れ出るものを「泉のように湧く」と言う事から「万年筆(萬年筆)」は
「fountain pen」の訳語と考えられています。
萬年筆」と命名したのは、日本初の国産万年筆を模作した大野徳三郎氏と言われています。

❷“末永く使える”という意味で、「万年筆」の訳語を与えたのは内田魯庵氏であると言われています。

どちらも、万年筆が長く持つことが由来となっていますね。

長く使えることも万年筆の魅力の1つですので、選りすぐりの一本を長く使っていけるのは素敵なことですね。

万年筆のメリット・デメリット

万年筆を使う

万年筆には今までで紹介してきたメリットの部分と、逆に使用する上でのデメリットもあるのです。

ここからは、万年筆のメリットと、デメリットについて箇条書きで紹介します。

メリット

・書き味が良く、滑らかにペン先が滑る。

・筆圧をかけずに楽々と書けるので、疲れにくい。

・ハネやハライといった細かい表現できるので、字に味わいが出る。

・使用しているうちに馴染んでいき、使用者に合うように変化していく。(使用者の癖によりペン先が少しずつ摩耗していくため)

・好きなインクを選んで使え、インクも比較的安いものが多い。

・見た目がオシャレで高級感のあるデザインのものが多くある。

デメリット

・値段が高いものがある。

・文字がかすれやすく、書きづらいイメージがある。

・インクが原因で、使う紙によっては裏移りする可能性がある。

・インクの乾燥防止のため、お手入れをする手間が発生する。

・乾燥・気温差・飛行時の気圧変化などに弱いく、繊細な筆記具である。

万年筆を実際に使ったことがある方は経験した事があるかと思われますが、最初は書きづらいと思う方が多いと思います。

万年筆の持ち方にはコツがあり、角度に気を付けてペン先面が上を向くようにし、やや寝かせ気味に持つと上手く字を書くことが出来ます。

インクを付ける量や紙への滑らせ方については、実際に書いてみて書きやすい方法を模索し書き続けることによって、万年筆が自分好みに変化していきます。

このように自分だけの万年筆を育てていくのも楽しいですね。

万年筆のおすすめ有名ブランド

万年筆

万年筆を購入したい、購入しようと検討している方向けに、万年筆を販売している有名なブランドをご紹介していきます。

有名なブランドのものを購入することで、書き心地が良かったりデザインが魅力的だったりと、様々な個性がありますので選ぶ際の参考になれば幸いです。

ペリカン PELIKAN

日本で最も有名なドイツの万年筆ブランド。

代表的なシリーズの「スーベレーン」は抜群の書き心地とバランスの良さが魅力。

プラチナ万年筆 PLATINUM

100年近くの歴史を持つ国産万年筆ブランド。

飾り気がなく堅実なイメージの万年筆が多く、ファンから絶大な支持を集めている。

パイロット PILOT

日本を代表する文房具ブランド。

低価格ながらも品質の良さで大ヒットした「カクノ万年筆」が大人気。

セーラー万年筆 SAILOR

腕利きの職人集団がつくる高品質な万年筆と多彩なペン先が魅力の国産万年筆ブランド。

コラボレーションした多彩な万年筆が大人気。

パーカー PARKER

世界で最も愛されているペン”として君臨する、イギリスの老舗万年筆ブランド。

デザイン性・機能性に優れた万能万年筆がファンに支持されている。

モンブラン MONT BLANC

世界を代表する高級筆記具ブランド。

高級万年筆の代名詞」といえばモンブランと言われるほど知名度があります。

世界最高峰と称される“マイスターシュティック”という万年筆は風格のある逸品に仕上がっています。

自分が重点を置くポイント次第で、選ぶメーカーや万年筆は全く変わってきますので、数ある万年筆の中から納得のいく一本を見つけられるといいですね。

万年筆の使い方

最後に

この記事では万年筆の日に関連して、万年筆の名前の由来やお勧めのブランドについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

万年筆は使用感やデザインが愛されているのは勿論、例えば胸ポケットに添えられているだけでも華があり、使用していく毎に愛着が湧いていく魅力に、愛好家が沢山いらっしゃいます。

安価に購入でき手軽な使用感のボールペンや、その他ペンで十分だと考えている方も、万年筆の特徴や書き心地を実感することで、一本持っていてもいいなと思うほど万年筆は素晴らしい筆記具です。

是非、自分のお気に入りの一本を見つけるべく、万年筆を選んでみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.