記念日

花火の日とはいつ?意味や由来は?花火の歴史や打ち上げ花火の種類などの雑学も!

更新日:

花火

5月28日と8月1日が花火の日であることを皆さんご存知でしょうか。

そもそも花火がなぜ記念日に制定されたのか。それすら想像できないと思います。花火が記念日として制定された理由、花火の起源、打ち上げ花火について。

この記事を読み終わる頃にはきっと花火について詳しくなっている事でしょう。

ではごゆっくり楽しんで下さい。

花火の日の意味や由来

花火

5月28日の花火の日

1733年の5月28日に、隅田川両国付近で、八代将軍吉宗が水神祭(川施餓鬼)を行い幕府主導の慰霊をかねた花火を揚げることになり、この両国川開きの花火を由来としています。

その後江戸時代庶民の娯楽として広まり、玉屋とかぎやが技を競うようになりました。この時の応援する掛け声から生まれたのが「た~まや~」、「か~ぎや~」です。

そして、交通状況の悪化などの理由により一時中断されていましたが、昭和53年に皆さんも知る隅田川花火大会として、改名され、復活を果たします。

8月1日の花火の日

8月1日が花火の日と名付けられた理由は3つあります。

  • 1948年戦争中に禁止されていた花火が解禁された日が8月1日だった
  • 1955年東京の花火問屋で大規模な爆発事故があった日が8月1日だった
  • 世界一の花火大会とも言われる教祖祭PL花火芸術の行われる日が8月1日だった

こういったことから花火の日と名付けられたようです。

1955年の東京の花火問屋であった大規模な爆発事故は相当なものだったようです。火元は花火倉庫だったそうですが半径数十メートルの家屋が全焼。爆発した場所は花火倉庫を含めて跡形もなかったそうです。

このような事故から花火に対する管理体制の強化が図られることになったのです。

花火の日は、もちろん花火を鑑賞して楽しむ日でもありますが、こういった事故も踏まえて使用の際の危険性も喚起する日として制定されたのではないかと思います。

教祖祭PL花火芸術は大阪の光丘カントリークラブで行われます。毎年花火総数2万発程打ち上ることで、世界的にも有名になりました。8月1日は気象の統計上でも1番晴れが多い日と言われており、多少の雨でも花火大会は実施されるそうです。

花火の歴史や起源

花火

花火の起源は諸説あるようですが、古代中国の狼煙とされています。煙による通信手段、火薬の技術発展と共に花火が誕生しました。

ヨーロッパの花火の歴史は13世紀と言われています。最初のものは祝砲の音を大きくし、煙に色がつくようにしたものだそうです。観賞用は14世紀キリスト教の祝祭にて。その後は徐々に技術が発展して行ったようです。

日本では、古く室町時代からとされており、戦国時代には鉄砲などと一緒に観賞用の花火が伝来。江戸時代になると戦がなくなったことで花火を専門に扱う火薬屋(現代の花火師)と呼ばれるものが誕生したそうです。

その後は花火による事故が相次ぎ、禁止されたり解禁されたりを繰り返したと言われています。その後日本の花火が大きく変化したのは明治時代以降で、新たな薬品によって色彩豊かな花火が誕生し、現在に至っています。

打ち上げ花火の種類や特徴

花火

打ち上げ花火の代表的な種類はどんなものがあるでしょうか。

日本の代表的な昔からある打ち上げ花火は割物花火と言われる物です。下から「ひゅるひゅる」と上がり「ドカーン」と割れる花火が割物花火です。形は菊型の物や牡丹型、芯が入った菊花火の3種類があります。

他にも半割物花火と言われる物もあります。この花火は割物花火と違い「ドカーン」と勢いよく割れずにしだれるように下に火花が落ちていくものです。この手の花火は小さな花火が何百発も同時に打ち上る小割物のタイプもあります。

たくさんの色鮮やかな花火が一斉に四方八方打ち上がり、夏の夜空にきれいなお花畑を描きます。

型物花火という物もあります。これは、ハートやスペードなど形を描く打ち上げ花火になります。

打ち上げ花火と聞いて皆さんイメージがあるのはスターマインではないでしょうか。この花火は別名「連射連発花火」とも言われるように、たくさんの花火を組み合わせて連続的に打ち上げる花火です。スピード感や迫力に目が釘付けになる花火です。

このスターマインの中にも種類があるようです。1色の牡丹花火が連続して打ち上るものや違う種類の花火が何発も混ざって打ち上がるもの、冠スターマインと呼ばれる金色に輝く大きな花火で打ち上ったあとの火の粉が柳のように落ちていくという風情のある花火があります。

仕掛け花火と組み合わさって打ち上る花火もあります。

以下の記事は、今まで書いてきた花火の歴史や打ち上げ花火の種類や特徴に関しての内容が、とても詳しく、そして上手にまとまっていますので、興味がある人は是非一読下さい。

日本煙火協会〜花火入門〜

まとめ

打ち上げ花火は華やかできれいなものです。

人の心にいつまでも残る夏を彩る風物詩としてこれからも残っていくでしょう。しかし、花火の使い方を間違えれば大事故につながる。

それを教えてくれるのが、花火の日です。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.