記念日

女子大生の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

女子大生の日

8月16日は「女子大生の日」です。今でこそ女性が大学に入るのは何の不思議もないことですが、「女子大生」が一般的になるまでには長い歴史がありました。

今回は、「女子大生の日」をご紹介しながら、日本の大学制度について歴史や現状を考えてみたいと思います。

女子大生の日の由来と歴史

女子大生の日の由来と歴史

「女子大生の日」である8月16日は、日本で最初の女子大学生が誕生した日です。

1913年(大正2年)の8月16日、東北帝国大学に3人の女性が合格したことが発表されました。黒田チカ、丹下ウメ、牧田らくの3人が、日本初の女子大学生として入学しました。

東北帝国大学は、宮城県仙台市にある現在の東北大学の前身です。

帝国大学について

帝国大学の歴史

(1)帝国大学・旧帝国大学とは

日本初の女子大生を受け容れたのは東北帝国大学と称される大学ですが、帝国大学とは、戦前の国立総合大学に付けられた名称です。

現在の日本の国立大学のうち、北海道大学・東北大学・東京大学・京都大学・名古屋大学・大阪大学・九州大学の七大学は「旧帝大(旧帝国大学)」と呼ばれ、他の国立大学と比べても一目置かれる存在です。

現在でも、受験生には国立最難関の大学として認識されていることでしょう。これら旧帝大は、戦前からの歴史を持つ由緒ある国立大学であるといえます。

(2)帝国大学の歴史

戦前の国立大学である帝国大学の歴史は、明治のはじめごろまで遡ります。

1877念(明治10年)、日本で最初の官立大学である東京大学が設立されました。それからしばらくの間、日本の大学は東京大学一校のみでした。この明治につくられた東京大学が、現在の東京大学につながっていきます。

1886年(明治19年)に公布された「帝国大学令」によって、東京大学は東京帝国大学と名称を変えます。それから後につくられた国立大学はすべて「帝国大学」と称され、早稲田大学などの私立大学とは制度的にも区別されていくことになります。

東京帝国大学の後を追って、1897年(明治30年)には京都帝国大学、1907年(明治40年)には東北帝国大学が誕生します。大正に入って九州帝国大学、北海道帝国大学が、昭和に入って大阪帝国大学、名古屋帝国大学が創設され、国内では7つの帝国大学が生れることになりました。

太平洋戦争後の1947年(昭和22年)の「学校教育法」の制定で大学制度が刷新され、帝国大学を含む複数種の大学が、現在の大学制度につながる4年生の大学として再編されました。

国立・公立・私立大学の学費〜一般学部と医学部〜

国立・公立・私立大学の学費・一般学部と医学部の2種類

大学受験の際の大学選びで気になるポイントが、4年間でどのくらいお金がかかるかです。国立・私立の違いでどれだけ必要な学費が変わるのか比較してみましょう。

(1)一般学部の学費

国立大学の入学金と授業料は、文部科学省が定める標準額に即して定められています。医学部などを除く、文学部・法学部・理学部・工学部・農学部・経済学部などの一般的な学部の国立大の学費は、

入学金:282,000円
授業料(1年間):535,800円
(初年度納付金計:837,800円

が標準額となっています。大学によって標準額に多少の増減を加えることも認められていますが、ほとんどの国立大学がこの標準額の通りに設定しています。

一方、私立大学の場合、大学ごとに自由に定めることができ、学費はばらばらです。ただ一般的に国立大学より高額であることが多く、文部科学省の調査による平均額(平成29年度)は以下の通りです。

私立文系の場合
入学金:231,811円
授業料(1年間):781,003円
施設設備費:152,496円
(初年度納付金計:1,165,310円
私立理系の場合
入学金:254,941円
授業料(1年間):1,101854円
施設設備費:184,102円
(初年度納付金計:1,540,897円

(2)医学部の学費

一般的に、医学部は他の学部に比べて学費が高いというイメージがあると思います。

しかし、実は国立大学の場合は他学部と同じ授業料です。先ほど見た、入学金282,000円、授業料年額535,800円という標準額が医学部にも適応されます。

ただし医学部は6年間の在学が必要になるので、2年分の授業料約100万円が上乗せされることにはなります。そのぶんはやはり他学部よりも学費がかかりますが、私立大学に比べれば大幅に少ない金額になります。

私立大学の場合の平均は、以下の通りです。

入学金:1,050,306円
授業料(1年間):2,847,940円
施設設備費:872,711円
(初年度納付金計:4,770,957円

このように、私立大の医学部では国立大や他学部と比べて大きく差がでていることが見て取れます。

大学の学費/国立大学と私立大学

まとめ

「女子大生の日」である8月13日は、日本で初めての女子大学生が誕生した日です。

今でこそあたりまえである女性の大学進学ですが、日本ではじめて大学ができてから、しばらくの間は女性が大学に入学することが認められていませんでした。

このような歴史をひもといてみると、男女平等に教育を受けられる現在の教育制度のありがたさが実感できるのではないでしょうか。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.