記念日

トロの日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

マグロ

トロの日という記念日があることをご存知でしょうか?

今回はトロの日について誰が制定し、制定理由などを紹介するとともに、マグロの種類やトロと呼ばれるようになったきっかけを紹介していきます。

トロの日の由来

寿司

毎月16日トロの日です。16を「トロ」と読む語呂合わせから毎月16日はトロの日となりました。

全国で「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト株式会社(本社は神奈川県横浜市)が制定しました。

制定理由は、人気食材である美味しい「トロ」のネタでお客様に喜んでもらい、各店舗ならびに業界を活気づけることが目的です。

マグロの種類は全部でいくつ?!

マグロ

日本人に「好きな魚は」と聞くと、だいたい「マグロ」と返ってきます。一口に「マグロ」と言っても種類があることを皆さんはご存知でしょうか?

マグロの種類は大きく5つあります。「クロマグロ」、「ミナミマグロ」、「メバチ」、「キハダ」、「ビンナガ」。メバチやキハダはマグロだったの?なんて初めて知った方もいるかもしれません。ここではマグロ5種類を紹介していきたいと思います。

クロマグロ

一般に「本マグロ」と呼ばれ、日本人に最も知られているマグロです。150kg超の最高級のマグロは全体の1%以下と言われています。

寿命は20歳以上と言われ3歳頃成熟します。最大体長は約3m、最大体重は400kg以上です。

日本では主にお寿司のネタや刺身等で食べられています。日本の消費量が世界一でありますが、資源の減少により厳しい漁獲制限が進められています

ミナミマグロ

インド洋で多く漁獲されることから、日本では「インドマグロ」とも呼ばれます。クロマグロに次いでの高級品。人気は高いですが、マグロ類の中でも特に絶滅が危惧されている種類になっています。

寿命は20歳以上と言われ8歳頃成熟します。最大体長は約2.4m、最大体重は260kg以上です。

メバチ

目がパッチリしていることからメバチという名前がつきました。マグロの中でも漁獲量が多く、重要な食用魚となっています。

寿命は15歳以上と言われ3歳頃成熟します。最大体長は約2.5m、最大体重は210kg以上です。

綺麗で濃い赤身でありながら、脂が多いクロマグロに比べてさっぱりとした上品な味わいとして人気が高いです。クロマグロのように養殖の研究が進んでいない為、世界的な和食人気で海外需要が増えていることもあり、価格が高くなっている傾向にあります。

キハダ

世界中の熱帯・亜熱帯海域に広く生息するマグロです。主に缶詰や刺身などに用いられる食用魚で、日本ではキハダマグロとも呼ばれます。

寿命は7~10歳以上と言われ3歳頃成熟します。最大体長は約2.4m、最大体重は200kg以上です。

ビンナガ

世界中の熱帯・温帯海域に生息する小型のマグロです。缶詰などに用いられる食用魚です。ビンナガマグロを音読みし「ビンチョウマグロ」と言われたりもします。

寿命は16歳以上と言われ3歳頃成熟します。最大体長は約1.4m、最大体重は60kg以上です。

身は赤身ですが、色は白に近いピンク色で非常に柔らかいです。マグロとしては小型種で、多く漁獲されるのは50-100 cmほどです。

以上がマグロの種類です。

私たちが思っているマグロはほとんどがクロマグロのことなんでしょうね!細かく種類をみていくとこんなにも違いがあることにびっくりです。

トロはなぜトロと呼ばれるようになったの?

マグロ

大正時代に三井物産に勤めていた安達一雄さんが名付け親と言われています。

江戸時代、マグロの赤身は食べても脂身は食べずに捨てられていたそうです。この頃冷蔵庫が発達していなかった為、脂身は傷みが早かったんだとか。

赤身は醤油に漬け込んで「ヅケ」にして保存していましたが、トロの脂身は脂肪分が多く水分を弾いてしまうためヅケにできなかったそうです。

1918年(大正7年)、東京・日本橋にある老舗寿司店「吉野鮨」の常連だった安達さん。それまで「脂身」なので「アブ」と呼ばれていた部位を、食べると舌の上で「トロッとする」とろけるような舌触りから「トロ」と名付ける事を提案しました。

すると「トロ」という言葉の響きが他の人の食欲をそそり、「トロ」の呼び方が定着するようになったそうです。

とろける舌触りから「トロ」と思いつく辺りセンスを感じますね。

まとめ

今回はトロの日の制定理由とマグロに関する雑学をまとめてみました。

魚の脂は人間の体にとても良い効果をもたらせてくれます。しかし日本人の魚の摂取量が減っているのが現状です。

毎月16日はトロの日です。せっかくこういった記念日があるので、皆さんもトロだけでなく魚を食べるように心がけてみましょう。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.