記念日

防災の日とはいつ?由来は?イベント情報や知って得する雑学満載!

投稿日:

防災

9月1日防災の日です。防災の日の由来についてお伝えします。

お届けする話題は、「地震について」「火災について」「台風や豪雨について」「落雷について」です。

どうぞ、ご覧ください。

防災の日・防災週間の由来や意味

レスキュー

1923年9月1日は、「関東大震災」が発生した日です。防災の日は、1960年に内閣の閣議了解により制定されました。

あらゆる災害についての認識を深めて、それらの災害に対処する心構えを準備する目的があります。

1982年からは、8月30日~9月5日を「防災週間」と定められています。

地震

防災

地震に備えて手の届くところに置いておきたいもの

ホイッスル(生存していることを知らせるため)

スリッパまたはスニーカー(ガラスを踏むことを防止するため)

懐中電灯(の地震対策)

持ち出し品リスト

飲料水
非常食(5年保存の非常食セットなど)
簡易食器セット
救急セット
衣類(防寒具)
懐中電灯
携帯ラジオ
電池
現金
貴重品
ローソク・ライター
ビニールシート
雨具
ナイフ、ハサミ
タオル(大小)
洗面道具
ウェットティッシュ
ビニール袋
携帯電話
携帯電話用バッテリー
筆記具

地震が起こった時の行動

(1)地震発生した瞬間

机の下に隠れる。まずは、身の安全。

(2)揺れがおさまったら

火を使っていたら消す。(最近は揺れがおさまってからのほうが安全と言われている)

出火していたら直ちに消火(初期消火)。

家族の様子を把握。

靴をはく。(ガラス等の破片対策)

(3)状況に応じて避難場所へ移動

ガスの元栓を閉める。

ブレーカーを落とす。

落下・転倒物に注意する。(ヘルメット・座布団などで頭を保護

火災

消防車

火災の主な原因

出火原因で多いのは、「放火」です。

1997年以降、連続して出火原因の第1位となっています。

そして、建物火災で多いのは「台所のこんろ火災」です。

意外な原因

意外な原因で発生する火災としては、次のようなものがあります。

・ペットボトルや金魚鉢に太陽光線があたって、レンズの作用で出火するケース。

・アロマのろうそくをつけたまま寝てしまい、近くにあった物に火が燃え移ったケース。

・電気コードやプラグ、コンセントから出火するケース。

・犬小屋に敷いた電気毛布を犬が噛んで、配線がショートして出火するケース。

・電子蚊取り器を布団に巻き込んでしまい、出火したケース。

火災の対策

備えておきたい装置

火災の早期発見に役立つのは、「住宅用火災警報器」です。これは、備え付けておきましょう。

コンロによる出火を防ぐ自動的に作動する消火器としては、「コンロ火災自動消火システム」というのがあります。

放火をされないために注意したいこと

狙われやすい状況は、燃えやすいものが外にあることです。

たとえば、次のようなケースは注意してください。

・夜に洗濯物を屋外に干している。

・家の外にダンボールや雑誌の束などを置いてある。

・新聞紙や郵便物が玄関ポストにたまっている。

・自動車やバイクなどのカバーに燃えにくい素材のものを使用していない。

・ごみ集積場に指定日の前夜からゴミが置かれている。

台風や豪雨

台風

台風の特徴から注意すること

台風から離れた場所でも、大雨が発生することがある。

台風の進行方向の右側は風が強くなる。

夏の台風は秋と比べて進み方が遅く、複雑な動きをすることが多い。

台風の事前準備

家の外の台風対策

・雨や風が強くなってからの作業は危険ですので、最新台風情報を確認し早めに対策を取ってください。

・窓や雨戸はしっかりと閉める。

・庭木や塀など風で倒れそうなものは補強をしておく。

・側溝を掃除して水はけをよくしておく。

・鉢植えや風で飛ばされそうなものは家の中に片付ける。

・窓ガラスに飛散防止フィルムを貼っておく。

・物が飛んできた場合に備えて、カーテンやブラインドを閉めておく。

台風の事前対策

停電時に備えて、携帯ラジオ、懐中電灯、ろうそくなどを用意しておく。

・避難時に備えて、防災グッズを用意しておく。

・近所の避難場所避難経路を確認しておく。

・市区町村が作成している「ハザードマップ」で危険か所を確認しておく。

豪雨になった時に心がけること

豪雨になると、川の氾濫土砂災害などの災害が一気に起こる恐れがあります。

避難が遅れると命にかかわりますので、早い段階から自主的に避難することも考えておきましょう。

落雷

落雷

雷の性質について

雷は、「高い所・高い物・高く突き出た物」に落ちやすい性質があります。

次のような場所は危険です。

建物の屋上
山の頂上
周囲に高いものがないグラウンド
平地が広がる公園
ゴルフ場
屋外プール
堤防
砂浜など。

このような場所では人に直接落雷します。

危険な行為・間違った情報

雷雨のときに傘をさすのは危険

雷雨のときに傘をさすと自分自身が避雷針になり、雷を呼び寄せてしまいます。

自転車・オートバイは危険

自転車やオートバイからはすぐに降りて安全な場所に避難しましょう。

木陰や建物の軒下は危険

木の下やビルの屋根での雨宿りは危険です。

ゴム製品を身にまとっていてもダメ

ゴムのカッパやレインコートを着ても、雷の電圧を防ぐことはできません。

金属のアクセサリーを外しても意味なし

眼鏡やベルト、時計やネックレスなどの金属製のアクセサリーなどは、外したら安全というわけではない。

安全な場所は?

キャンプ、登山、海水浴、グランドなどで周囲に避難場所がない時には、車の中に逃げましょう。ただし、建物があればそちらを逃げ場所として選択してください。

学校の帰り、仕事の帰りでは、商業施設用のような大きな建物の中に逃げ込むのが最善策です。

防災の日のイベント

しんじゅく防災フェスタ

東京都新宿区では、防災週間(8月30日~9月5)の間に、「しんじゅく防災フェスタ」というのをやっています。

みんなが楽しく学べる防災イベントとして、毎年約3000人が参加しているというイベントです。

大人も子供も外国人も障がい者も特に垣根なく、みんなで防災について考えるという、都心ならではのイベント。

パフォーマンスステージでは、防災人形劇場や防災クイズ、小学生による吹奏楽の演奏などをやっています。

他にも消防車・救急車・軽装甲機動車などの車両展示(写真撮影可)や、はしご車に載って高さを体験できるコーナー、震度5強から7までの揺れを体験できる起震車もあります。

慌てず行動するためには、実際の揺れを体験しておくことがいいかもしれませんね。

実際に災害地でボランティアをした人の体験談を聞いたり、救命講習やAEDの使い方を学べるコーナーも。

災害に関して役に立つ色々な体験が、一度に経験出来る素晴らしいイベントになっています。

また飲食ブースもあり、各国の料理やかき氷などを楽しむことも出来るので、ぜひ参加みてはいかかでしょうか。

しんじゅく防災フェスタ

880万人訓練

大阪では「880万人訓練」という、大規模な防災訓練が毎年開催されています。

この訓練は地震と津波を想定したものになっていて、HPには「地震が起きたらまずは身を守る 揺れがおさまったら津波に備えてすぐ逃げる」とあります。

大手の会社や自治体、学校関係、市町村など府民の多くが訓練に参加。

事前に参加するという登録をしておき、訓練当日には緊急速報メールが届いたり、館内放送や屋内スピーカーなどで、地震発生の情報が流れます。

その日までに、地域や職場、家庭などでそれぞれ災害が起きた際にどうするかを考えておき、警報が流れると同時に、考えておいた通りに行動します。

そして訓練後には、それぞれの地域や家庭で、もう一度災害について反省点などを踏まえて、再確認するという主旨のものです。

大阪府/大阪880万人訓練

日本赤十字社のイベント

日本赤十字社でも、防災訓練やイベントを行っています。

日本赤十字社の行った意識調査の結果、「防災の日」を知っていると答えた20代の人は、半分にも満たなかったということで、再確認してもらうという意味も込めてイベントを開催しています。

東京では、炊き出し訓練で作った食事が食べられたり、非常用トイレの作成体験などができます。

実際に東日本大震災を経験した秋田では、日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学を会場として、防災キャンプフェスというものが行われています。

こちらは「学ぶ・遊ぶ・体験する」ということで、いつ起こるかわからない災害に際して、非常時に少しでも快適に生活する知恵を学ぶというもの。

アウトドア商品の展示販売や、自衛隊・県警・消防署の車両展示、ペットと一緒に避難訓練を行ったりすることも出来ます。

フードコートも充実しています。

日本赤十字社〜防災の日イベント〜

日清食品 百福士プロジェクト

チキンラーメン

日清食品では、社会貢献活動に情熱を注いだ創業者の志を継ぐために、50年間に100の社会貢献を行うCSR活動「百福士 (ひゃくふくし) プロジェクト」というものを実施しています。

そこで防災の日に行われたイベントが、「備えて安心・サバイバルプロジェクト」というものです。

災害時に役立つサバイバル術と、インスタントラーメンの有用性を学んでもらうという主旨のイベント。

災害時に電気も水道も使えない状況下で、インスタントラーメンを食べるまでを体験するのが目的となっています。

実際に東日本大震災時に派遣された自衛官から、災害時に身を守る方法や、その際に役立つ情報などの知識を教えてもらう機会となっています。

虫眼鏡や火打石を使って火をおこし、携帯用の浄水器で水の浄化を行い、チキンラーメンを作って食べる。

普段は何気なくやっていることが、災害時にはとても難しいということを学ぶことが出来ますね。

日清食品〜百福士プロジェクト〜

まとめ

時代の変化によって、防災のあり方も変わってきています。

常に最新情報をチェックしておきましょう。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.