記念日

カレーうどんの日とはいつ?どんな記念日?由来や意味は?知って得する雑学も!

更新日:

カレーうどん

8月2日はカレーうどんの日です。

カレーライスとうどん。それぞれが人気のメニューとして確立しているのに、それが同時に食べられるなんて誰が考えたのでしょうか?考えた人はすごいですよね!

今回はカレーうどんの日を紹介すると共に、カレーうどんの歴史やカレーうどんとカレー南蛮の違いなど紹介していきたいと思います。

カレーうどんの日の由来や意味について

カレーうどん

カレーうどんの日は、「カレーうどん100年革新プロジェクト」チームによって2010年(平成22年)に制定されました。

カレーうどんが全国に浸透してから100周年になることを記念して誕生しました。

ちなみに6月2日はカレーの日、7月2日はうどんの日です。この2つの記念日に合わせて2010年8月2日をカレーうどんの日と名付けたそうです。

制定理由は、カレーうどんとして高い知名度がありながら、食べる頻度としては少ないカレーうどんに記念日を制定することで、食べる機会を創ること。

また、カレーうどんを開発するメーカー、飲食店などによる革新的なカレーうどんの創造を喚起するのが狙いだそうで。

カレーうどんの由来や歴史

カレーうどん

日本で初めてカレーうどんを提供したのは、東京早稲田の老舗お蕎麦屋さん「三朝庵」(さんちょうあん)というお店です。

明治37年ころ、当時まだ高級料理だったカレーライスが大衆食となりつつある頃、洋食屋のカレーライスに対抗する為に生まれたのが「うどん屋のカレーうどん」だったそうです。

カレーうどんとカレー南蛮の違い

皆さんカレーうどんとカレー南蛮の違いをご存知でしょうか。違うところは2つあります。

1つ目は、麺がうどんなのか蕎麦なのかということです。うどんであればカレーうどん。蕎麦であればカレー南蛮と区別されています。

2つ目は、薬味が玉ねぎか長ネギかということです。カレーうどんは玉ねぎが入っています。カレー南蛮は長ネギが入っています。

昔のカレーライスは鴨南蛮を基本にしたカレールウをご飯にのせて食べていました。そのカレールウを日本人向けに食べやすくアレンジし、お肉と長ネギを加えたものを蕎麦にのせて食べたことからカレー南蛮と言われたようです。

最近ではお店によってたくさんの種類のカレーうどんやカレー南蛮を食すことが出来ます。店によってはうどんにカレーがのせてあってもカレー南蛮と呼ぶところも増えています。

あまり区別がなくなってきていますが、基本的には麺の違いと薬味の違いでカレーうどんと呼ぶかカレー南蛮と呼ぶかが分かれると思っていて下さい。

カレーうどんを跳ねずに食べる方法は?

カレーうどんを食べる時、どうしてもうどんのつゆが跳ねますよね!ましてやつゆにカレーまで混じっているわけですから、白いシャツでも着ていた日には大変なことになります。

カレーうどんは食べたいけど洋服が汚れるから食べられないという人もたくさんいるのではないでしょうか。

ちょっとだけアドバイスをしたいと思います。カレーうどんを食べた時どのタイミングで跳ねるか考えてみました。

1. 麺をすすった時に揺れ動くため
麺をすすった時に麺が左右に揺れ動く為、麺先についているうどんつゆが飛び散る。

2. 箸から落下した時の衝撃による
麺をすすっている最中に箸からこぼれ落ちた麺の衝撃により、うどんつゆが跳ねる。

タイミング的にはこの2パターンではないでしょうか。

この2つのパターンからつゆ跳ね対策として、どんぶりに顔がかかる程度前かがみになる。麺を上げた時に箸を頂点として左右対称に上げるのがベスト。少しでも左右の長さがずれるとすすっている時に揺れる原因になるので気を付ける。

麺がつゆにつかっている間はすすっても良いが、その際は箸で麺の動きを止めながらすすること。つゆから麺が出たらレンゲですくって口元へ持っていく。

いかがでしょう。この食べ方なら飛び跳ねをだいぶ抑えることが出来ると思います。

また、自分でカレーうどんを作る場合であれば、麺の長さを短くする。少しうどんとしても食べごたえはなくなるが、つゆが飛び跳ねるのを防ぐ効果は高いです。

他にも麺のねじれをなるべくなくす。カレーうどんのつゆをドロドロ目にして作ると飛び跳ねにくくなるなどがあります。

自分で作る際は色々と工夫をしてみると面白いですよ。

まとめ

日本で初めてカレーうどんを提供したのは、意外にも老舗蕎麦屋さんでした。

当時流行っていた洋食と日本の和食を融合する、当時であればかなり斬新な発想が今日まで私たちを楽しませてくれています。

8月2日はカレーうどんの日。記念日になってまだ日は浅く有名な記念日とは言えませんが、この記事を読んで皆さんに知って頂ければ光栄です。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.