記念日

シュークリームの日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

更新日:

シュークリームの日

ふわふわの生地の中にカスタードクリームなどが詰まった美味しいお菓子、シュークリーム。

そんな「シュークリームの日」は毎月19日。

その由来や名前の語源、きれいに食べる方法などを紹介していきます。

シュークリームの日の由来

シュークリームの日の由来

埼玉県に本社を置く、製菓会社のモンテール(株)が制定した記念日。

モンテールは昭和29年創立。たくさんの賞を受賞していて、今も様々なお菓子を開発し続ける会社です。そのモンテールが、「国民的お菓子となったシュークリームをもっと多くの人に食べてもらいたい」という願いを込めて制定したのが「シュークリームの日」です。

なぜ19日なのかというと、シュークリームの語呂が19に似ているからだそうです。「じゅうクリーム」ということなんでしょうね。

シュークリームの語源と歴史

シュークリームの語源と歴史

本場のフランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれているそう。

「シュー」の意味はキャベツ。確かに見た目がキャベツに似ていますね。そのためにこの名前が付けられました。フランス語の「シュー」と英語の「クリーム」を合わせた和製英語なので、海外で「シュークリーム」と言っても通じません。

ちなみに英語では、「クリーム・パフ」というのだそうです。

シュークリームの歴史は、1553年メディチ家のカトリーヌがフランスの貴族の元に嫁いだ際に、イタリアから連れてきたお抱えの菓子職人を連れてきました。その職人の手によって生地の技術がフランスに伝わり発展していったようです。

日本に伝わったのは幕末の頃。横浜で洋菓子店を営んでいた、フランスのサミュエル・ピエールという人物によってです。彼の元で修業をした人達から、全国へと広まっていきました。

シュークリームの食べ方

シュークリームの食べ方

シュークリームはおいしいけれど、その食べ方は難しいですね。力を入れて持つとすぐに潰れてしまったり、中身のクリームが出てきて見た目にも悪いし、手も汚れたりします。

「シュークリームの日」の制定したモンテール社によると、きれいに食べる方法としては次の二つがあります。

・食べる前に左右にゆする
手のひらにのせたシュークリームを左右にゆすることで、中のクリームが均等になり食べやすくなるらしいです。

・真ん中から二つに割る
半分にすることで食べやすくなります。ただしあまり力を入れすぎないようにしないと半分にする前にクリームがこぼれてしまいますね。そのあとはシューの面を下にして、端から食べることで食べやすく、手も汚れる事がありません。

他にもきれいな食べ方として推奨されているのが

・上下をさかさまにして食べる

というものです。
上下を逆にすることで、膨らんだ面が器の代わりになり食べやすくなるということです。

皆さんも色々と試してみて下さいね。

手で食べる場合には、上記の3つのようにするのが食べやすいようですが、テーブルマナーの際にはまた違った食べ方になります。そちらも紹介しますね。

上下でスライスされている場合には、上のフタを外して手に持ち、フォークですくったクリームをつけて食べます。その後は左端から、一口大に切りながら食べていくのがマナーとされています。左利きの場合は右から切っていきます。

まとめ

「シュークリームの日」や歴史について書いてきましたが、どうだったでしょうか。

思わず食べたくなってきた、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。ダイエット中の方も、たまにはご褒美が必要ですから、毎月19日だけはシュークリームを食べるというのもいいかもしれませんね。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.