記念日

CMソングの日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

投稿日:

9月7日CMソングの日です。

この日にラジオ放送で初めてCMソングを使われたのが由来と言われています。

現在はラジオのみならずテレビでも放送されているCMですが、その目的は皆さんご存知の「広告・宣伝」がメインになっています。

「CM」と言えば、テレビをイメージする方がほとんどの現在はどこまで技術が発達しているのでしょうか!?

今回はそんな「CMソングの日」に因んでCMに関する歴史有名なCMソングをご紹介します。

過去にはどんな歴史が!?CMの過去から現在までの技術の進歩をご紹介

今どきの「CM」と言えば、カラフルな画面に人や物体が映し出されてその企業の宣伝。というのが一般的だと思います。

しかし、昔はそんな技術もなく白黒画面がメインでした。

画面はほぼ静止画に文字が映ると言った「見せる、教える」と言ったことがテーマだったのではないかと思います。

そんな「見せる、教える」から「魅せる、伝える」と言った情報も加わり、娯楽の一面も多くなっているのが現代の特徴で、企業なども社名のみならず、独自の「キャッチフレーズ」なども載せてイメージに残るような働きかけをしています。

キャッチフレーズは、長すぎずコンパクトにその企業の目標やイメージを伝えることが大切です。

例えば、ある企業ではその企業のイメージとはあまり関係ないようなキャッチフレーズもありますが、とてもインパクトに残るもので「〇〇といえば〇〇」の代名詞ともいえます。

また、ある企業ではそのキャッチフレーズから「こんな企業なんだ、知らなかった」と思えるようなインパクトを与えてくれます。

どれもオリジナルイメージが強くわかりやすさが際立っています。

今後のCMを楽しむ参考にしていただければと思います。

有名なCMランキングTOP3

次に、過去から今までの思い出深い・楽しいをコンセプトにした人気CMをランキング形式でご紹介します。

まず一つ目は、「日清 カップヌードル・フレディマーキュリー(クイーン編)」です。

このCMはバラエティに富んだ吹き替えが特徴で、いつ聞いても楽しいオリジナルです。

他のじゃ嫌だもん。好きだもん」。。。このフレーズは耳に残りますね。

イメージとインパクトが絶大な作品です。

一度見ると、「これは・・・。」と目が止まること間違いなしです。

また放送されたら楽しめそうな作品なので、期待したいところですね。

二つ目は、「セキスイハイム」のCMです。

他にも「有名なCMが多い企業」ではありますが、「僕らの街バージョン」のCMは特に有名で、いまでも目に焼き付いているイメージ絶大のCMになっています。

子供の成長や懐かしい大切さをどこか思い出させてくれる作品です。

見たことがない人は、一度見てみることをオススメします。

その話題や内容に感動すること間違いなしです。

そして、最後の3つ目は「俺とお前と大五郎 焼酎CMソング」です。

このCMは、過去に放送されていたもので「昔の友は今も友 俺とお前の大五郎」 というフレーズが頭に残るCMです。

年齢差はあるかもしれませんが、30代前後の方とのCMの話題で盛り上がること間違いなしです。

先輩や、同僚との会話に困った時の話題にしてみてはいかがでしょうか!?

盛り上がること間違いなしです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

今回はCMソングの話題から、昔懐かしいCM曲をいくつかご紹介しました。

今回でお伝えしきれていない人気のCMもたくさんあります。

最近では、ネットなどでもみるのが可能なものもありますので家族や友達との楽しむ話題にしてみてはいかがでしょうか!?

知っている曲も知らない曲も盛り上がること間違いなしです。

是非、参考にしてみて下さい。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.