記念日

8月4日は箸の日!今更聞けない正しい持ち方やマナー&タブーを伝授

更新日:

箸

箸の日があることをご存知でしょうか。

日本人にとってお箸は必要不可欠なものです。毎日お箸を使って当たり前のように食事をしています。ナイフとフォークだけで食事をとりなさいと言われても少し抵抗があると思います。

私たちにとって大事な箸ですが、いつ頃から使われているのか気になりませんか?

今回は箸の日の紹介と箸について触れていきたいと思います。

箸の日の意味や由来

箸

驚くことに箸の日は年に2回あります。8月4日と11月11日です。8月4日は何となく分かる気がしますが、11月11日が箸の日とは少し驚きです。

8月4日の箸の日から触れていきますが、8月4日!ズバリ8(は)4(し)の語呂から来ています。愛知県名古屋市に本店を構え、お箸の製造・卸・販売を手掛けている株式会社藤本商會本店が制定しております。

制定理由は、毎日の食事で欠かせない箸への感謝を表すことを目的として制定しました。(日本記念日協会登録)

ちなみに民俗学者の提唱でわりばし組合が箸を正しく使おうという目的で制定したという説もありますが、こちらは本当かどうか分かりません。

8月4日は折れた箸を集めて供養する「箸供養」という行事もあります。普段使っている箸が折れたらゴミとして処分するのではなく、お世話になった箸に感謝しお焚き上げをして供養するというものです。

11月11日の箸の日は、2015年(平成27年)に韓国で開催された「箸の国際学術シンポジウム」において、箸の文化を研究する日本・中国・韓国の専門家や学者が箸の世界遺産登録を目指して制定しました。

11月11日を選んだのは、「1111」を見た時に箸が2膳並んで見えることからだそうです。

箸の語源

箸

箸の語源には4つの説があります。

  • はし=挟むものという意味で役割に由来する説
  • 端の方でつまむことから箸と言われるようになった説
  • 橋や柱などまっすぐ伸びたその形状から箸と言われるようになった説
  • 一本の棒を折り曲げ、ピンセットのように挟んで使うもので、鳥のくちばしに似た形状であったことから、くちばしのはしを語源とする説。

以上の4つが説としてあります。いずれも間違いではないようです。

箸の歴史

箸の歴史も諸説あるようですが、有力だと思われる2つの説を紹介します。

3世紀「魏志倭人伝」では食事をする時は手で食べていたというような記載がありますが、同時期に書かれた「日本書紀」や「古事記」では箸を使っていたというような記載があります。これを起源という説。

7世紀に入って小野妹子ら遣隋使が中国から帰国した時に、中国文化を持ち帰った中の中国の食法に箸があったという説。

この2つが有力な説だと言われています。

箸の素材はほとんどが植物性だった為、腐敗して後世に残り難かった、もしくは使われていなかったということで、3世紀以降から箸は使われていたのではと言われています。

箸の正しい持ち方やマナー

箸

箸を正しく持つためには4つの決められたステップと箸を正しい位置で持つことが重要です。

箸を正しい位置で持つ場合、箸の上側1/3を持つように意識してみましょう。その後、4つのステップを正しくおこなうことで、正しい箸の持ち方が出来るようになります。

次の動画を参考にして下さい。

こちらのサイトをじっくり見ていただき、練習を繰り返せば箸の持ち方は改善できるので頑張ってみましょう。

続いて箸のマナーについてです。

こちらの動画を見ていただけると基本的なマナーを確認する事が出来るでしょう。

箸を使ってご飯を食べる者としては心得ておきたいマナーですね!

まとめ

今回は箸の日について紹介させていただきました。毎日お世話になっているお箸。最近ではコンビニ弁当などでも便利な割りばしを使うことが増えて来ました。

美味しく食事が出来ているのはお箸のおかげであることに感謝し、お箸を大事に使っていくことを心掛けることでお箸に感謝の気持ちを伝えていければと思います。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.