記念日

バイクの日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

投稿日:

バイクのシルエット風景写真

バイクの日という記念日があることをご存知でしょうか?

映画やドラマ、漫画などで憧れの人がバイクに乗っているとカッコよく感じますよね!

今回はバイクの日の制定理由と面白い雑学、知らないとこわい二段階右折についてまとめてみました。

バイクの日の由来

バイクで山を走る風景写真

8月19日バイクの日です。バイク(819)の語呂合わせから、1989年政府総務庁(現在、内閣府)交通安全対策本部によって制定されました。

交通事故撲滅を目的に制定され、とくに若者に対するバイクの安全運転教育を積極的に展開する日と定めています。

全国自治体の交通安全対策室や地元警察は、8月19日を中心として二輪車の安全運転講習会を開催し安全運転の大切さを教えています。

毎年7~9月の3ヶ月間はバイク月間として、二輪車の楽しさ、利便性、有用性などバイクライフの素晴らしさをより多くの人に伝えるために2000年7月にスタートし、全国各地で数多くの活動を展開しています。

「盗んだバイク〜♪」のモデルになったバイクとは!?

コンサート風景写真

コンサート風景

誰もが聞いたことのある尾崎豊さんの名曲「15の夜」。

その中に出てくる歌詞「盗んだバイクで走りだす」の盗んだバイクにはちゃんとモデルになったバイクがあったのです。尾崎豊さんが後日談で話していた記録をもとにお話します。

そのバイクは「ヤマハ・パッソル」というバイク。

当時HY戦争(ホンダ・ヤマハ戦争)が勃発していて、ホンダのロードパルに対抗して販売していた、ヤマハのパッソルはコスト軽減を目的としていたため、盗難防止機能が無いに等しい物でした。

コストを安くあげるために製造工程を簡素化したこともあり、鍵穴が回ればエンジンが掛かるというデメリットがありました。

昔は今と違って世の中もそんなに厳しくもなく、また価格も安かったからまた新しいのを買えばいいやといった感覚で盗まれても問題にならなかったのだと思います。

それが尾崎豊さんの「15の夜」の歌詞に出てくる盗んだバイクに繋がったのでしょう。

尾崎豊さんの歌詞に出てくるくらいなので、めちゃくちゃカッコいいバイクを想像してしまいましたが、実際は普通の原チャリでした(笑) でもよく考えると15歳が盗むバイクなのでそんなものかもしれないですね!

皆さんは絶対に盗んじゃだめですよ。あくまで尾崎豊さんの歌詞に出てくる空想の中の話ですから…。

バイクが二段階右折をしなければならない場所とは!?

原付き自転車の写真

原付き自転車

原動機付自転車原付は自転車と違い右折の仕方が違います。いわゆる「二段階右折」と言われる曲がり方です。

自動車を運転しているとたまに二段階右折をせずに右折車線から右折している原付を見かけます。運転者は慣れている風に運転していますが、見ている側としては「大丈夫かなぁ」と心配になってきます。

ここでは二段階右折をしなければならない道路についてまとめてみます。

原付が二段階右折しなければいけないのは、交通整理が行われている交差点で以下の条件を満たす場合です。(交通整理が行われている交差点とは、信号機(点滅信号は除く)があるところ。または警察官や交通巡視員による手信号が行われている交差点を指す。)

片側3車線以上の道路

5車線の車とバイク風景写真

片側3車線以上の道路風景

分かりやすく言うと自分が走っている方向の車線が3車線以上ある道路ということです。対向車線が何車線であっても関係ありません。あくまで自分の走行車線が3車線以上ある場合です。お間違えないように。 

間違えやすいのは途中まで2車線であっても、交差点に差し掛かったときに左折専用レーンや右折専用レーンがプラスされて3車線になった場合でもこのルールが適用されるということです。

自分が右折したい交差点が3車線以上ある場合は必ず二段階右折が必要となります。 

標識で2段階右折が指定されている道路

交通標識画像

交通標識

原付は二段階右折をしなければいけませんという標識がある道路では必ず二段階右折が必要になります。

3車線以上で一方通行の道路

一方通行標識の写真

一方通行標識

1 で述べたように自分が右折したい交差点で右左折専用レーンが増えて3車線になった場合でも二段階右折が必要になります。

以上の3点が道路交通法第34条第5項によって示されています。

基本的に①~③以外の道路では二段階右折は必要ありません

また、3車線以上の道路であっても右折について、中央もしくは右側端によるべきことが道路標識などによって指定されている場合は二段階右折の必要はありません

信号のない道路手信号のない道路二段階右折の必要はないのでお間違えないように。 

まとめ

今回はバイクの日についてまとめてみました。

バイクの日にちなんだイベントなども多く開催されているようなので、バイク好きの方は知っている人が多い記念日かもしれませんね。

バイク用品店などではこの記念日にちなんでバイク関連商品のセールなども行っているようです。

バイクに乗っていると自動車に乗っている時と違って見える景色が違います。景色だけではなく太陽の光や空気の匂い・温度など体で感じることもできます。

ひとりで楽しむことも、数人でツーリングすることもできるバイク。自然の中をバイクと一体となり走り抜ける。バイクの日を知ると、バイクに乗りたくなってきますね。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.