記念日

弓道の日とはいつ?どんな記念日?意味や由来は?知って得する雑学も!

投稿日:

矢羽根の写真

9月10日は「弓道の日」。

弓道とは西洋のアーチェリーとは異なり、日本独自の武道の一つとして知られています。アーチェリーが最新技術を用いて的中率を競う競技なのに対し、弓道は精神性に重きをおいて「道を極める」ことが目的です。

今回は、そんな「弓道の日」にちなんで弓道に関する豆知識やルールについてご紹介していきたいと思います。

「弓道の日」の由来

アーチェリーの写真

アーチェリー

9月10日は「弓道の日」と呼ばれています。

その由来は「9」=弓、「10」=道、の語呂合わせから来ています。

弓道の魅力や楽しさを伝える目的で制定されました。

この日は、弓道の用品などを取り扱いしている会社が制定したと言われています。

弓道に関する基本知識

日本庭園の写真

日本庭園

皆さんは今まで「弓道」をしたことはありますでしょうか!?

今回は、弓道に関するオススメ情報をご紹介します。

弓道は的を射抜いた本数で決まる

基本は、4本の矢を使用します。

的に的中した数が点数になります。

射抜いた的の場所はあまり関係ない

ルールによって若干異なりますが、的の中心に当たった場合も的の外側に的中した場合も一本の的中と数えます。

採点基準は射抜いた時の姿勢や形、動作などが基準

弓道は的に当たった数だけが採点基準ではなく射抜く前の動作から射抜いた後の動作まで全てが含まれています

ここまでは、簡単な弓道の知識についてお話ししました。

次に弓道を新たに始める方は、道具や必要な備品などを揃えないといけません。

そこで、基本的な備品などを集めた場合にかかる費用についてご紹介したいと思います。

弓道を始めるのに必要な費用はどのくらい!?

電卓の写真

電卓

弓道にはさまざまな道具が必要です。

そこで、主な道具を集めた場合の費用を参考にご紹介します。

道着

道着は上下必要です

セット商品で揃えた場合は、およそ10000円程です。

ちなみに上着は、およそ3000円程から

は、およそ6000円程から

帯と足袋は、それぞれおよそ1000円程から

参考程度の価格ですが、およそ15000円程です。

種類も豊富なため、製品によっては30000円以上の物もありますので調べる時の参考にしてみて下さい。

製品の種類によって価格は変わります。

竹製のもので、およそ2000円前後

黒手羽と呼ばれるもので、およそ20000円前後です。

種類も豊富に有りますので、選ぶときの参考にしてみてください。

矢筒

目安としておよそ、1000円程になっています。

種類も豊富ですので、お好みに合わせて選んでみて下さい。

手袋

製品の品質や種類によって異なりますが、およそ5000円前後になっています。

全てを揃えた場合

購入する際の種類によって異なりますが、全てを揃えた場合は30000円~50000円くらいになるのではないかと思います。

初めて用品を購入する際には参考にしてみてください。

弓道の基本ルール

ルールを知る写真

ルールを知る

ここからは、弓道のルールについてご案内したいと思います。

団体戦と個人戦がある

団体戦はリーグ戦とトーナメント方式2種類があります。

リーグ戦は総当たりで対戦し、トーナメント戦は勝ち抜き方式で行われます。

競技方法は2種類

種類は近的と遠的があります。

しかし、場所の確保などの観点から基本的には近的がメインになっています。

弓道の射法

足踏み

姿勢を作る第一歩の基本的な動作になります。

胴造り

弓に掛ける前の動作で、左手に弓を置き右手を腰に掛けます

弓構え

弓を構える動作で、弦に手をかけ的に標準を合わせます

打起こし

弓をあげる動作のことを指します。

左右同時に行う事がポイントです。

引分け

あげた弓を左右同時に下ろす動作のことです。

左右均等に引くことがコツです。

射る前の動作のことで、タイミングを計り自分のポイントに合わせます。

離れ

矢を放つ動作のことです。

バランスを保ち崩れないよう注意が必要です。

残心

矢を放った後の動作のことです。

読んで字の如く、放った後の形を意識する事が大切です。

姿勢を崩さないよう気をつけましょう。

以上、簡単に弓道のルールについてご紹介させていただきました。

気になる方は是非、参考にしてみて下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

今回は、弓道に関する知識初心者にお伝えしたい必要な価格についてご紹介しました。

そのほか弓道を行うときの「射法」は弓道では必須項目で、採点の基準にもなっていますので弓道を始める方は、是非参考にしてみてください。

これから弓道を始める方もテレビなどで試合を楽しみたい方にもオススメの情報満載ですので、是非参考にして「弓道ライフ」を楽しんでみてはいかがでしょうか!?

 

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.