お祭り

青森ねぶた祭2019!日程や見所を簡単チェック!

投稿日:

祭り

300万人(青森市人口の10倍)の人々が訪れるという日本を代表する夏祭

なぜ「ねぶた」なの?..や、そもそも「ねぶた(もしくはねぷた)」って、どんな意味?といった疑問にお答えつつ、記事ではその見所について、ご案内していきます。

歴史や由来

祭り

日本を代表する祭であるだけに、その歴史は古く奈良時代にさかのぼります。

中国から伝わった「七夕祭」と、精霊送り、人形、虫送り等、津軽地方に、昔から伝わる行事があわさって、始まったとされています。

また、お祭りに練り物については紙と竹、ローソクの普及とともに灯籠となり、次第に形も人形、扇、といった現在のねぶたのフォルムになったそうです。

ちなみに、ねぶたとは、この「灯籠」(山車灯籠)のことをさします。

明治に入り、太陰暦導入以降は由来である「七夕」との関連性は薄れ、8月1日から7日までの夏祭となりました。

また、同様祭典は北関東以北、東日本各地の広い範囲でおこなわれていましたが、特に津軽地方において特に盛んで、今もこの地域で盛んに行われています。

また「ねぶた」(青森など)か、「ねぷた」(弘前など)かについては、どちらが正しいということではなく、地方によって違います。

その語源は、東北地方などで「ネンブリ流し」、関東地方「ネブチ流し・ネボケ流し・ネムッタ流し」等の民俗語彙分布と、方言学から「ねむりながし」の眠りが、「ねぶた」になまったと言われています。

また、ねぶた(またはねぷた)には、扇型と人形型があるのですが、青森市のねぶた人形型

歌舞伎や中国の古典(水滸伝や三国誌)をモチーフにしたものが有名です。

スケジュール

8月1日
18:00~21:00 前夜祭 青い海公園特設ステージ
19:30~20:40 浅虫温泉花井大会 浅虫温泉

8月2・3日
19:10~21:00 子どもねぶた(約15台予定)・大型ねぶた(約15台予定)

8月4~6日
19:10~21:00大型ねぶた(約20台運行予定)8月6日
ねぶた大賞ほか各賞の発表

8月7日
13:00~15:00 大型ねぶた(約20台運行予定)
19:15~21:00頃 青森花火大会(役10000発)・ねぶた海上運行 青森港

青森ねぶた公式HP

見所

以上、予定のなかで見所は最終日、7日の夜。

青森港で花火が打ち上げられるとともに、審査の結果受賞したねぶたが運行するねぶた祭のフィナーレ

港内で炸裂する花火の激い華やかさとともに、6台の山車灯籠が海上を行きかい灯籠の明かりが水面に漂う幻想駅な風景を楽しむことができます。

ラッセ!ラッセ!ラッセラー」という掛け声とともに、山車灯籠が練り歩く様子は会場のあちこちでみることができるのですが、ねぶたは、1分間に50メートルも進むので、一箇所にとどまり、次々とやってくるのを見た方が良いとされます。

なかでも、ベストポジションで、じっくりと楽しみたいという方には、観覧席がお勧めです。

10名以上の団体席と、9名以下の個人席があります。

団体席
・一次募集:買取(人数減・取消不可)
2019年4月9日(火)午前9時 受付開始

・二次募集:予約(6月20日まで人数減・取消可能)
2019年4月18日(木)午前9時 受付開始

個人席
6月下旬より販売予定。

※どの席も1人3500円(2017年)

観覧席購入サイトのHP

また、「見ているだけでは」...物足りないという方には、参加する、という選択肢もあります。

ねぶたには、1台あたり500~2000人くらいのハネト(跳人)と呼ばれる人々が、ねぷたの周りで、飛んだり踊ったりして祭りを盛り上げるのですが、一般の人も(もちろん観光客の方も)ハネトとして参加可能。

特に費用など不要で、正式なハネト衣装を着ていれば、誰でも、どのねぶたにも参加できます。

ハネト衣装は青森県内のデパートなどで、一式5,000~10,000円で購入可能、もしくは祭り当日、レンタル(4000円~)をしてくれる店もあるそうです。

会場・アクセス

電車
JR「青森駅」より徒歩~20分


青森道青森「中央IC」から約4km15分

青森ねぶた公式HP

まとめ

最大幅約9m、高さ5m、奥行き8m、重さ4tという巨大なねぶた練り歩くお祭り

そんな大きな山車を運行するというのに雨天決行、しかも、これまで雨で中止になったことがなく、祭りにかける暑い思いを感じずにはいられません。

会場である街中に、電線が巡らされた関係で、ねぶたの形が変化し(高さの制限が加えられ、ゆえに、ねぶたは横長なんだそうです)、内部の光源にLEDが使われるなど、その形は時代とともに変わってきたとはいえ、それを繰り出す人々の熱気はかわらず。

北国の短い夏を惜しむように煌びやかで、熱気あふれるお祭りは全国から、いまや世界中から押しかける人々を魅了し続けています。

ぜひ。一度は、この祭りを生で見て....、出来れば、ハネトとして参加してみたいです。

-お祭り

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.