記念日

9月25日は10円カレーの日!ちょい足しで劇的に旨くなる具材一覧

投稿日:

カレーライス

カレーと言えば家庭料理の定番でもあり、嫌いな人ってあまりいないのではないでしょうか?

子供の頃から親しんだ味というイメージもありますね。

そんなカレーにちなんだ雑学などを書いていきたいと思います。

「10円カレーの日」の由来とは?

松本楼

10円カレーの日」というのは愛称で、実際にはこの行事を「10円カレーチャリティセール」とされています。

1983年に、日比谷公園内にある「松本楼」が制定した記念日です。

松本楼は日比谷公園開園と同時に開店したレストランで、1971年に放火により一度焼失しましたが1973年に再建されました。

その再建の日が9月25日だったため、この日が記念日に選ばれました。

再建できた感謝を込めて始まったのが、「10円カレーの日」です。

この売り上げは、ユニセフ・震災の義援金、交通遺児育英会など様々な募金に全額活用されています。

ユニセフ〜日比谷 松本楼 10円カレーチャリティ〜

10円カレーのイベント詳細

松本楼のカレー

10円カレーのイベントが行われる松本楼は、日比谷公園の中央付近にある大噴水の西側に位置しています。

電車で行く場合には次の駅で下車してください。

・東京メトロ日比谷線・丸ノ内線「霞ヶ関駅」

・東京メトロ千代田線・日比谷線・三田線「日比谷駅」

・JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」

「園内通行禁止」の指示があるようですが、そのまま進んでも大丈夫なのだそう。

10円カレーを食べるには、10円以上の寄付をする必要があります。

その人達を対象に、先着1500名となっています。

イベントが開催されるのは午前11時からですが、人数制限があるため、徹夜組もいるほど。しかし実際には、そんなに早く行かなくても整理券を手にする確率は高いようです。

昨年のデータによると、オープンの30分前(10:30)に並んだとしても十分に間に合うとのこと。

その年によって多少の違いはあるかもしれませんが、少なくとも10時に並んでいれば確実に整理券を手に入れる事が出来ると思います。

森のレストラン 日比谷松本楼

カレーをおいしくするちょい足し具材!

具たくさんカレー

何を入れてもおいしいのがカレー

中には冷蔵庫の整理のために、余り物の野菜をすべて入れてしまうという主婦もいらっしゃるようです。

そんな具材について、紹介していきたいと思います。

意外!カレーに合う具材!

納豆

バナナ

バナナは1㎝くらいの角切りにしてそのまま煮込みます。

リンゴを一緒に入れるとよりおいしくなります。

大根

下ゆでして入れると柔らかくなり、よりおいしく食べられます。

ヘルシーでもありますね。冬におススメの具材です。

キュウリ・ゴーヤ

季節の野菜を入れるとおいしくなるのがカレーですよね。

あまり入れる事のないキュウリやゴーヤですが、入れてみると意外に合うようです。

ゴーヤの苦みが苦手という人も多いかもしれませんが、カレーではその苦みがいい具合に味を引き立ててくれます。

カツオ・ブリ・タコ

本場のインドでもカツオをいれるという事があるようです。

出汁が出て風味がよくなるのがいいですよ。

ブリは下茹でした後に、少し炒めておくとよりおいしくなるとのこと。

タコは野菜と一緒に炒めるといいようですが、その際にオリーブオイルを使用するのがおススメです。

タコを入れることで、食感が楽しいカレーとなります。

こんにゃく

こんにゃくも意外な具材ですが、カロリーもなく、弾力があり食べ応えがあるので、ダイエット中の方にはおすすめです。

特に和風カレーにするといいようです。

納豆

個人的におすすめなのが納豆です。

一見以外な組み合わせに思えますが、とても合います。

味がマイルドになってとても美味しいので、騙されたと思って、一度やってみてもらいたいですね。

ちょっと一工夫!隠し味にはこんなものを!

コーヒー

チョコレート

甘さを引き立てる。

ルーと一緒に1~2カケ入れる。

コーヒー

香りとコクが絶妙。

ルーを入れた後で小さじ2杯程度入れる。

はちみつ・ジャムを一緒に入れるのがおススメ

バニラアイス

甘味とコクが出る。

出来上がりに30g程度入れる。

翌日食べる際に入れるのもいい。

だしの素

風味がよくなる。

出来上がりに味を調節しながら好みの量を入れる。

まとめ

カレーって身近な料理でありながら、奥深い食べ物でもありますね。

10円でカレーを食べられるのはもちろん嬉しいですが、

それがチャリティと絡んでいると、人の役にも立てて、美味しい思いも出来て、

いつも以上に幸せを感じられそうですね。

-記念日

Copyright© 春夏秋冬〜季節のネタ帳〜 , 2019 All Rights Reserved.